Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

GKEに、GitOpsを採用した「Application Manager」ベータ版追加

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/21 17:40

 米Googleは、「Google Kubernetes Engine」(GKE)のアドオンとして、アプリケーション配信ソリューション「Application Manager」のベータ提供を2月20日(現地時間)に開始した。

 「Application Manager」を使用することで、開発者は本番環境へのアプリケーション配信フローを簡単に作成することが可能になり、アプリケーションをGKEで効率的かつ安全に実行できる。

 「GitOps」の原則を採用しており、Gitリポジトリを活用して宣言型の構成管理を行うため、変更を反映する前にその内容を監査・確認することが可能で、推奨されるGitリポジトリ構造を自動的にスキャフォールドして強制する。加えて、「Kustomize」によってテンプレートを用いることなく構成をカスタマイズできる。

 Application Managerは、クラスタのアドオンとしてGKEクラスタ内で実行され、Gitリポジトリ(ブランチ、タグ、コミット内)からKubernetesのマニュフェストをプルし、クラスタ内のアプリケーションとしてデプロイする。さらに、デプロイされたアプリケーションに関する、バージョンや改定履歴、正常性といったメタデータを「Google Cloud Console」で可視化する。

 また、「Google Cloud Marketplace」にて購入したKubernetesアプリケーションをシームレスに更新することができ、パートナーアプリケーションの自動更新とロールバックの取得が可能。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5