Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

学生開発者の大会「2020 Imagine Cup」アジア地区決勝、日本チームと香港チームが最優秀賞を受賞

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/21 16:35

 米Microsoftは、2月19日(シンガポール時間)に開催された「2020 Imagine Cup」アジア地区決勝大会において、日本の「Team NUTONE」と香港の「Team Hollo」が最優秀賞を受賞したことを発表した。

 本記事は、EdTechZineニュースからの転載です(元記事)。

 「Imagine Cup」は、テクノロジーに対する想像力と情熱を駆使して、社会問題や環境問題、健康問題の解決に向けた、革新的なソリューションを生み出すことを目指す学生のための大会。

 「2020 Imagine Cup」アジア地区決勝大会は、「Imagine Cup」としてははじめて「Microsoft Teams」で開催され、世界7か国10チームのファイナリストが参加した。オンライン上で発明作品のプレゼンテーションを行い、5月に開催される世界大会の出場権をかけた戦いが繰り広げられている。

 最優秀賞を受賞した「Team NUTONE」と「Team Hollo」は、どちらも「Microsoft Azure」の機械学習と認識技術を活用して、個人およびコミュニティのアクセシビリティ改善や、健康・生活の向上を実現するソリューションを構築したことで、審査員から注目を集めた。

 「Team NUTONE」は、声を失った人が再び話せるようにする、首に装着するウェアラブルタイプの電気式人工喉頭(EL)を開発している。また、「Team Hollo」はメンタルヘルスを支えるコンパニオンとセラピストを単一プラットフォーム上に用意し、リスクを抱える若者向けのソリューションを開発した。

 両チームには、賞金とAzureクレジット、および「Microsoft Build 2020」で開催される世界大会決勝戦への出場権が贈られている。世界大会決勝戦では、両チームがアメリカ、ヨーロッパ、中東およびアフリカ(EMEA)地域からの決勝進出チームと対戦し、優勝チームにはトロフィーと賞金、Microsoftno最高経営責任者であるサティア・ナデラ氏からのメンタリングセッション、Azure助成金を獲得できる。

 なお、アジア地区決勝大会の準優勝には、シンガポールの「Team Zest」、インドの「Team Blume」、インドネシアの「Team Tulibot」が選ばれた。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5