CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ビーテクノロジー、エンタープライズに特化したBaaS「Hexabase」を「Microsft Azure」で提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/04/21 16:10

 ビーテクノロジーは、同社が提供するエンタープライズに特化したBaaS「Hexabase」を、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」で運用し、提供することを4月21日に発表した。

 「Hexabase」は、Webシステム開発を加速させる、エンタープライズに特化したBaaS(Backend as a Service)。企業業務システムの開発で必要となるデータベースやユーザー管理、ワークフローなどのバックエンド機能をクラウドサービスとして提供する。「Hexabase」の機能を利用することで、システムインテグレータやWeb開発企業は、システムのバックエンドの開発や運用コストの削減、開発期間の短縮により、使いやすさを追及した業務システムの開発が容易となる。

 今回、同社が「Microsoft Azure」を採用した理由は、企業ユーザーが寄せている高い技術力と信頼性、日本マイクロソフトがスタートアップ企業に提供する支援力を活用するため。なお、「Hexabase」が「Microsoft Azure」を使うことで得られる具体的なメリットは以下の通り。

  • セキュリティ:「Microsoft Azure」の提供するセキュリティが、90を超えるコンプライアンス認定資格を備えている。
  • スケーラビリティと機能性:アプリは影響を受けずに実行でき、コードを追加しなくても、1件から数100万までさまざまなコンテナに拡張できる。
  • 統合された環境:Kubernetesをはじめとするオープンソースツールやマイクロソフト独自ツールが統合されており、ワークフロー・アプリ・監視を活用できる。
  • 相互運用性:さまざまなプログラミング言語やツール・標準プロトコルを備えており、クラウドネイティブアプリを安心して利用できる。
  • コスト効率:マイクロソフトの従量課金モデルに基づいて「Microsoft Azure」サービスのリソース使用料を構築・拡張した分だけに圧縮し、システム管理のコストを削減できる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5