CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

CXプラットフォーム「KARTE for App」がOSS化、新機能の追加も

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/11 16:18

 プレイドは、同社が提供するネイティブアプリ向けCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE for App」のメジャーアップデートを、5月11日に実施した。

 今回のメジャーアップデートは、2018年3月の提供開始以来はじめて行われるもので、「KARTE for App」SDKのオープンソースソフトウェア化を実現し、透明性を高めることで、安心して導入・利用できるプロダクトにするとともに、「ビジュアルトラッキング」や「リテンションレポート」といった新機能を追加している。

 「KARTE for App」のSDKは、これまでクローズドソースで提供されていたが、ソースコードがわからないため導入にともなうアプリへの影響の有無を検討段階で判断することが困難だった。オープンソースソフトウェア化によって、ソースコードやその変更内容、顕在化している不具合といった情報が公開されるため、より安心感を持って「KARTE for App」を導入できる。

 導入後にSDKでエラーなどが発生した際にも、ソースコードが公開されていれば原因をエンジニア自身が確かめられるので、すばやい問題解決が可能になる。

 新機能の「ビジュアルトラッキング」は、「KARTE for App」の管理画面から視覚的にアプリ内の行動をイベントとして計測できる。セグメントや接客配信のために追加でイベントの計測が必要になった場合に、管理画面からただちに計測を始められるほか、イベント実装にかかるエンジニアリソースを最小限に抑えられ、ストア申請に関わる作業が不要になるなど、開発工数やスピードの問題の解消が可能になる。

 「リテンションレポート」では、精緻な分析への対応や、特定イベントが何回以上発生したらリテンション率が高いのかといったユーザーの行動から探索的にユーザー体験の向上を図り、リテンション率を上げるためのヒントを探り、施策に落とし込むことができる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

    CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

バックナンバー

連載:ニュース(プロダクト開発)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5