CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グルーヴノーツが神戸市「STOP COVID-19 × #Technology」に採択、街の状況を可視化する実証実験開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/22 13:25

 グルーヴノーツは、神戸市より、市民サービスの向上と喫緊の課題を解決するサービスの開発を共に目指すスタートアップとして同市が実施するプロジェクト「STOP COVID-19 × #Technology」に採択され、自治体で初めて「City as a Service(シティ・アズ・ア・サービス、CaaS)」に関する実証実験を開始することを、5月21日に発表した。

 グルーヴノーツは、専門的な処理を自動化・簡素化することでシステム開発工数を抑え、誰でも手軽にデータ分析からAI予測、量子コンピュータ活用ができるクラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」を開発・提供している。

 また、これまで培ってきたテクノロジーを生かし、さまざまなデータ提供/街づくりパートナーと連携してビッグデータ/AI/量子コンピュータを活用することで、快適な都市サービスを創出する「City as a Service」の取り組みを進めている。

 「STOP COVID-19 × #Technology」は、全国のスタートアップから新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策となり得るテクノロジーや提案を募集し、選ばれたスタートアップには開発支援金(上限50万円/件)を提供する取り組み。また、市民によるテスト利用や市役所業務の中での試行導入・実証実験を経て成功したモデルは、神戸市で実装まで行われる。

「STOP COVID-19 × #Technology」
「STOP COVID-19 × #Technology」

 今回、グルーヴノーツは神戸市と協働することで、ビッグデータから街の状況の可視化し、人の密集度合いやモノの販売動向などに関する分析、シミュレーションモデルなどの作成・提供を通じて、地域の実情に応じた感染防止や経済活動の維持を目指す。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5