CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

軽量Kubernetesディストリビューション「k0s」が発表、コンテナ運用を容易に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/20 08:00

 オープンソースのKubernetesディストリビューション「k0s」が、11月13日(現地時間)に発表されている。

 k0sは、Pharos Kubernetesの精神を受け継いだ、100%アップストリームのvanilla Kubernetesディストリビューション。ローカル開発から大規模な本番環境まで幅広く適用可能で、依存関係がなく、どこでも簡単に実行できる。

 非常に容易なインストールを実現しており、新たなKubernetesクラスタを数分でブートすることが可能であり、開発者はKubernetesの特別なスキルや専門知識がなくても、簡単にコンテナ環境の利用を始められる。

 カーネル以外にホストOSの依存関係がない、単一のバイナリとして配布されており、特定のホストOSディストリビューションや、追加のパッケージは必要なく、脆弱性やパフォーマンスの問題は、「k0s」で直接修正される。また、コアは超軽量なので最小限のリソースで使用でき、自動化されたクラスタライフサイクル管理機能を備えている。

 おもな機能としては、CRI、インテルやARMを含む複数のアーキテクチャ、一般的なCNIおよびCSI、RBAC、OpenIDプロバイダ、ポッドセキュリティポリシー、ネットワークポリシー、マイクロVMランタイム、コントロールプレーンの分離をサポートする。

 さらに、LinuxホストまたはWindows Server 2019(ワーカーノードのみ)で実行でき、CoreDNSによるDNS、メトリクスサーバーによるクラスターメトリクス、水平ポッド自動スケーリング(HPA)、GPUサポート、ダウンタイムゼロのクラスターアップグレード、クラスターのバックアップと復元といった機能を搭載している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5