CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

LPI-Japan、「Kubernetesアプリケーション開発者認定試験」「Kubernetes管理者認定試験」の実施、および教材販売を開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/03 08:00

 エルピーアイジャパンは、The Linux Foundation初の「Authorized Certification Partner」として、「Kubernetes管理者認定試験」「Kubernetesアプリケーション開発者認定試験」の実施、およびeラーニング教材の販売を、12月2日に開始した。

 「Kubernetes管理者認定試験」と「Kubernetesアプリケーション開発者認定試験」は、Kubernetesの管理・運用や、Kubernetes用アプリケーションを設計・構築できる能力を証明するための認定試験。

 Linuxシステムや仮想化・コンテナ技術をはじめとした、クラウドネイティブ技術の学習に必要な基本知識を多く含み、事前に取得しておくことでクラウドネイティブ技術の仕組みを効率よく学べる「LinuC」レベル1/レベル2のバージョン10.0、OPCEL認定、HTML5プロフェッショナル認定などとあわせて取得することで、オープンテクノロジーの活用が必須となったクラウド環境における、価値の高いクラウドネイティブ技術者としての能力の証明が可能になる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5