CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWSが「Aurora Serverless v2」プレビュー発表、きめ細かな容量調整が可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/10 08:00

 米Amazon Web Servicesは、Aurora Serverlessの次期バージョンとなる「Aurora Serverless v2」のプレビュー提供を、12月1日(現地時間)にAmazon Auroraの「MySQL 5.7」互換エディションにて開始した。

 Aurora Serverlessは、Amazon Auroraにおいてオンデマンドの自動スケーリング設定を可能にするサービスで、アプリケーションのニーズに基づき、自動起動、シャットダウン、容量のスケールアップまたはスケールダウンを行う。

 今回、プレビュー提供を開始したAurora Serverless v2は、データベースのワークロードを一瞬にしてトランザクションへスケールすることが可能になり、ワークロードのスケール時に容量を2倍にする代わりに容量をきめ細かく調整し、アプリケーションのニーズに適した量のデータベースリソースを提供する。

 アプリケーションが消費する容量に対してのみ料金が発生するため、ピーク負荷の容量をプロビジョニングするコストと比較して、データベースのコストを最大90%節約できる。

 そのほか、マルチAZサポート、グローバルデータベース、リードレプリカといった、Amazon Auroraの全機能を提供する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5