CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Amazon SageMaker Edge Manager」提供開始、エッジデバイスでの機械学習モデル管理が可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/17 08:00

 米Amazon Web Servicesは、エッジデバイスフリートによるモデルの管理を可能にする、Amazon SageMakerの新機能「Amazon SageMaker Edge Manager」の提供を、12月8日(現地時間)に開始した。

 Amazon SageMaker Edge Managerは、ターゲットデバイスでより高速に実行されるようモデルを最適化し、エッジデバイスのモデル管理を提供する。

 開発者は、エッジデバイスフリートでデプロイされた機械学習モデルを準備、実行、監視、更新できるので、モデルに暗号で署名し、デバイスからAmazon SageMakerに予測データをアップロードして監視と分析を行い、Amazon SageMakerコンソールにてデプロイされたモデルの操作を追跡および視覚的にレポートする、ダッシュボードの表示が可能になる。

 エッジデバイスから、モデルの入力データと出力データをサンプリングしてクラウドに送信することで、従来ならクラウドでしか使えなかった機能を拡張し、ドリフト検出にAmazon SageMaker Model Monitorを使用して、モデルの品質を継続的に高められる。

 利用できるリージョンは、アメリカ東部(ヴァージニア北部、オハイオ)、アメリカ西部(オレゴン)、ヨーロッパ(アイルランド、フランクフルト)、アジアパシフィック(東京)。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5