CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ヤフー、「ヤフオク!」のモバイルアプリに「マルチビュー機能」を追加、AR技術を応用し独自開発

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/15 16:00

 ヤフーは、インターネットオークションサービス「ヤフオク!」アプリ(iOS版、Android版)において、AR(拡張現実)技術などを応用して独自開発した、商品の多視点画像(マルチビュー画像)を誰でも簡単に撮影できる「マルチビュー機能」の提供を、1月14日に開始した。

 「マルチビュー機能」では、ARアプリ開発フレームワークであるアップルのARKitや、GoogleのARCoreを応用し、カメラの位置と向きを推定することで3Dモデルを用いた撮影アシストを実現している。

 マルチビュー画像の撮影にあたって、ターンテーブルや専用カメラといった特殊な機材は必要なく、マルチビュー画像の容易な撮影が可能になった。

 なお、従来マルチビュー画像の生成には、カメラの位置や向きを画像から推定するカメラキャリブレーション技術が必要であり、膨大な手間と計算リソースが必要だったが、ARアプリ開発フレームワークを用いることで、大幅なコスト削減を実現している。

 また、スマートフォンに搭載されたGPUを活用することによって、CPUのみでの処理と比較して、マルチビュー画像の生成にかかる時間を約400分の1に短縮した。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5