CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

POSIX向けWindows互換レイヤ「Wine 6.0」リリース、コアモジュールがPE形式に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/19 08:00

 Linux/macOS/BSDといったPOSIX準拠のOSにおいて、Windowsアプリケーションの実行を可能にする互換性レイヤであるWINEの開発チームは、最新安定版となる「Wine 6.0」を、1月14日(現地時間)にリリースした。

 「Wine 6.0」では、NTDLL、KERNEL32、GDI32、USER32などコアDLLをPE形式で構築しており、PEモジュールからUNIXライブラリを呼び出せるようになり、Win32 APIでは処理できない関数も扱えるようになっている。

 なお、Winelibモジュールはlibwine.soに対してリンクされなくなっており、古いバージョンに対してビルドされたWinelibモジュール実行のためにlibwineライブラリは引き続き提供されるが、非推奨であり将来的には削除される。

 また、WineD3D用の実験的なVulkanレンダラが実装されており、今回リリースされた「Wine 6.0」では、シェーダーモデル4および5(Direct3D 10および11)の変換のみ対応する。Direct3D 11の、レンダーターゲットごとのブレンド、デュアルソースブレンディング、マルチサンプルアンチエイリアシングサンプルマスクなどが実装されており、より多くのグラフィックカードを認識できるようになっている。

 そのほか、DirectShowとMedia Foundationのサポートや、テキストコンソールの再設計をはじめとする、数多くの機能追加・修正が行われた。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5