CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

サーバレス関数オーケストレータAWS Step Functions、YAMLをサポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/08 08:00

 米Amazon Web Servicesは、AWS Lambda関数およびAWSの複数のサービスをアプリケーション内に配列可能なサーバレス関数オーケストレータ「AWS Step Functions」に、AWS Toolkit for Visual Studio Code内およびAWS CloudFormation内におけるYAMLサポートを3月4日(現地時間)に追加した。

 今回のYAMLサポートの追加によって、YAMLとJSONオブジェクト形式の両方を使用してStep Functionsステートマシンベースのワークフローを定義、視覚化、デプロイできるようになり、より柔軟にワークフローの構築方法を選べるようになっている。

 AWS Toolkit for Visual Studio Codeでは、YAMLでステートマシン定義を記述および視覚化して、コードスニペット、リンティング、コード補完機能を使用して定義の記述を支援可能になった。また、YAMLステートマシン定義へのコメントの追加にも対応している。

 AWS CloudFormationでは、新たに追加されたDefinitionパラメータでステートマシンを定義できるようになっており、テンプレートの言語によるステートマシンの定義にも対応する。さらに、JSONまたはYAMLステートマシンをS3バケットに配置して、CloudFormationテンプレートからファイルを参照し、より簡単にコードのパーティション分割も可能になった。

 AWS Toolkit for Visual Studio Codeをインストールして、YAMLステートマシンを構築した後に、続いてCloudFormationテンプレートを使用して、テンプレートまたはS3に保存されたファイルとしてステートマシンをデプロイできる。

 なお、これらの機能はAWS Step Functionsが利用可能な、すべてのリージョンで使える。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5