CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Amazon RDS for Oracleが、2021年4月のリリースアップデートのサポートを開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/28 13:00

 AWSは、「Amazon RDS for Oracle」がOracle Database 12.2、18c、および19c の2021年4月のリリースアップデートをサポートするようになったことを5月21日に発表した。

 Oracleは、TLSプロトコルのバージョン1.0および1.1を無効にするため、データベースのOracle Java Virtual Machine(以下、JVM)コンポーネントに変更を加えた。これに伴い、Amazon RDS for Oracleは、データベースセキュリティを改善し、安全なデータアクセスを確保するため、2021年4月リリースアップデート/パッチセットアップデートより、JVMでTLS v1とv1.1を無効にする。

 TLS v1.0またはv1.1プロトコルを介して、HTTPSエンドポイントに接続するためにJVMを使用している場合は、RDS for Oracleのインスタンスをアップグレードする前に、TLS v1.2をサポートするようHTTPSエンドポイントの構成を2021年4月のアップデートエンジンに更新することで、HTTPSエンドポイントへのJVMの接続がそのまま機能するようになる。なお、SSL Optionへの変更はない。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5