CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

機密データのGitHubへの意図しないアップロードを防ぐ「Deadshot」がオープンソースで公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/09 09:00

 米Twilioは、機密データを誤ってGitHubへアップロードすることを防ぐ「Deadshot」を、5月18日(現地時間)にオープンソースでリリースしている。

 Deadshotは、すべてのコミットで実行され、正規表現を使用してプルリクエストの差分をスキャンし、重要なものを探す。重要なものが見つかった場合には、プルリクエストにコメントを追加して、指定されたSlackチャネルに通知することも可能で、特定された機密に対処することなくプルリクエストがマージされた場合には、セキュリティチームのキューに、Jiraチケットを作成する。

 PythonベースのFlask-Celery-Redisマルチコンテナアプリケーションであり、GitHubアプリとしてインストールされ、インストール先のリポジトリのメインブランチに対して作成された、すべてのプルリクエストで実行される。

 Flaskコンテナは、プルリクエストのペイロードを受信するためのAPIルートを公開し、プルリクエストのペイロードが受信されるとサービスはペイロードをRedisキューに転送する。また、Celeryコンテナはキューからペイロードを取得し、プルリクエストの差分をスキャンして指定された機密データを探す。機密に該当するデータが見つかった場合には、Celeryコンテナがプルリクエストにコメントを追加して、適切なSlackチャネルに通知するか、Jiraチケットを作成する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5