CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS、「Amazon Route 53 Application Recovery Controller」を一般提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/07/29 08:00

 米Amazon Web Servicesは、障害から回復するアプリケーションの機能を継続的に監視し、複数のAWSアベイラビリティーゾーン、AWSリージョン、オンプレミス環境でアプリケーションの回復を制御するAmazon Route 53の機能セット「Amazon Route 53 Application Recovery Controller」の一般提供を、7月27日(現地時間)に開始した。

 「Amazon Route 53 Application Recovery Controller」は、準備チェックとルーティング制御で構成されており、準備チェックではAWSリソースの構成、容量、ネットワークルーティングポリシーを継続的に監視し、リカバリ操作を実行する機能に影響を与える変更を監視可能で、リカバリ環境が必要に応じて引き継げるようにスケーリングおよび構成されていることを確認できる。

 ルーティング制御は、障害時にアプリケーションレプリカ間でトラフィックのバランスを取り直し、アプリケーションを引き続き使用できるようにするのに役立ち、Amazon Route 53のヘルスチェックと連携して、DNS解決を使用してトラフィックをアプリケーションレプリカにリダイレクトする。

 なおルーティング制御は、アプリケーションメトリックまたは部分的な障害に基づいて、アプリケーションスタック全体をフェイルオーバーする方法を提供するとともに、安全で簡単な手動オーバーライドを可能にし、メンテナンス目的でトラフィックをシフトしたり、モニターが問題を検出できなかった場合に障害から回復したりできるようにする。また、安全ルールと呼ばれる機能で、準備されていないレプリカへのフェイルオーバーやフラッピングの問題といった、完全に自動化されたヘルスチェックに関連する一般的な副作用を防ぐことによって、従来の自動化されたAmazon Route 53ヘルスチェックベースのフェイルオーバー改善を実現している。

 「Amazon Route 53 Application Recovery Controller」は、オンデマンドで課金され、準備チェックごと、クラスタごとに、1時間単位で課金される。準備チェックには1時間あたり0.045ドル、クラスタには1時間あたり2.5ドルが発生する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5