CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

WSLに必要なものをコマンド1つでインストールする機能、Windows 10へ正式にバックポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/05 08:00

 米Microsoftは、wsl.exe --installを実行するだけで、WSL(Windows Subsystem for Linux)の実行に必要な、すべてのコンポーネントをインストールできる機能が、Windows 10のバージョン2004以降にバックポートされたことを、7月30日(現地時間)に発表した。

 従来、WSLをセットアップするには、複数の設定をオンにして、複数のパッケージをインストールする必要があったが、wsl.exe --installはこれらのプロセスが1つのコマンドに簡略化されている。

 同コマンドを管理者権限で実行するだけで、プロセスは必要なWSLオプション機能を自動で有効にし、デフォルトでUbuntuディストリビューションをインストールし、最新のWSL Linuxカーネルバージョンをマシンにインストールする。

 PowerShellまたはWindowsコマンドプロンプトで、wsl --list --onlineと入力すれば、インストール可能なLinuxディストリビューションのリストが表示され、wsl --install -d <ディストリビューション名>と入力すれば、Ubuntu以外のディストリビューションをインストールできる。

 ほかにも、WSL Linuxカーネルを手動で更新するwsl --updateや、以前のWSL Linuxカーネルにロールバックするwsl --update rollback、デフォルトのディストリビューションタイプ、デフォルトのディストリビューション、カーネルバージョンなど、WSL構成に関する一般的な情報を確認可能なwsl --statusといったオプションも用意する。

 なお、これらの機能を実現するアップデートは、「KB5004296」の一部としてWindowsアップデートにて提供されている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5