CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS、Kafka Connectクラスタの管理を容易にする「MSK Connect」の提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/20 09:00

 米Amazon Web Servicesは、Kafka Connectクラスタの管理を容易にする新機能「MSK Connect」の提供を、9月16日(現地時間)に発表した。

 Kafka Connectは、リアルタイムのストリーミングデータパイプラインとアプリケーションを構築するためのオープンソースプラットフォーム「Apache Kafka」のオープンソースコンポーネントであり、データベース、Key-Valueストア、検索インデックス、ファイルシステムなどの外部システムに接続するためのフレームワークを提供する。

 ただし、Kafka Connectクラスタを手動で実行するには、必要なインフラストラクチャを計画およびプロビジョニングし、クラスタ操作を処理して、負荷の変化に応じてスケーリングする必要があった。

 今回、発表されたMSK Connectを使用すれば、数回クリックするだけでKafka Connectを使用してコネクタを構成およびデプロイできる。必要なリソースをプロビジョニングし、クラスタをセットアップするとともに、コネクタの健全性と配信状態を継続的に監視して、基盤となるハードウェアにパッチを適用して管理し、スループットの変化に合わせてコネクタを自動スケーリングしてくれる。

 MSK Connectは、Kafka Connectと完全な互換性があり、コードを変更することなく、既存のコネクタへの接続が可能で、使用にあたってMSKクラスタは必要ない。ソースおよびシンクは、Amazon MSK、Apache Kafka、Apache Kafka互換クラスタをサポートしている。

 なお、MSK Connectはアジアパシフィック(ムンバイ、ソウル、シンガポール、シドニー、東京)、カナダ(中部)、EU(フランクフルト、アイルランド、ロンドン、パリ、ストックホルム)、南米(サンパウロ)、米国東部(バージニア北部、オハイオ)、米国西部(北カリフォルニア、オレゴン)の各リージョンで使用できる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5