CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Accessのデータベースを帳票化する

PowerTools True WinReports for .NETの帳票作成機能を使う

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/09/19 14:00

Accessデータベースのデータを帳票にしようとしても、フォームをデザインする操作は意外と面倒です。そこで、PowerTools Preview for .NETのC1PrintPreviewControlと組み合わせ、エレキギターの商品データを格納しているAccessデータベースからデータを取り出し、一覧表を作成するアプリケーションを作ってみました。

目次

はじめに

 PowerTools True WinReports for .NETのC1Reportコンポーネントは、XMLファイルに格納されたレポート定義を読み取り、それらをデータソースからのデータと組み合わせてレポートを生成します。

 生成されたレポートは、プレビュー、印刷、ファイルへの保存などを行うことができます。また、C1Reportは、レポートを HTML、DHTML、PDF、およびテキストファイルの各形式にエクスポートしたり、C1PrintPreviewコンポーネントに直接描画することができます。

 そこで、以前紹介したPowerTools Preview for .NET のC1PrintPreviewControlと組み合わせ、エレキギターの商品データを格納しているAccessデータベースからデータを取り出して一覧表を作成するアプリケーションを作ってみました。

「一覧表」ボタンを押すとクエリを実行し抽出データを一覧表にしてC1PrintPreview コンポーネントに表示する
「一覧表」ボタンを押すとクエリを実行し抽出データを一覧表にしてC1PrintPreview コンポーネントに表示する
条件によってグループ化して一覧表を作成する
条件によってグループ化して一覧表を作成する

対象読者

 Visual Basic 2005またはVisual C# 2005を使ってプログラムを作ったことのある人。

必要な環境

 Visual Basic 2005またはVisual C# 2005、Visual Studio 2005でプログラムが作れる環境。

プログラム実行時の注意事項

 本稿の実行ファイル(バイナリファイル)を動かすには、zipファイルに同梱してある以下の3つのファイルが必要になります。

  • C1.C1Preview.2.dll…C1PrintDocumentコントロール(.NET Framework 2.0 用)
  • C1.Win.C1Preview.2.dll…C1PrintPreviewコントロール(.NET Framework 2.0 用)
  • C1.Win.C1Report.2.dll…C1Reportコントロール(.NET Framework 2.0 用)

 これらのファイルを、実行プログラムと同じフォルダに格納します。なお、.NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0がインストールされていることが必須条件です。

 また、サンプルデータベース「guiter.mdb」をドライブCのルートにおいてください。

コンポーネントのインストール

 はじめてPowerTools True WinReports for .NETおよびPowerTools Preview for .NETを使用する方は、プロジェクトにComponentOne Studio 2007 WinForms Editionをインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページらダウンロードできますので、ここからダウンロードしてインストールしてください。製品ページ左側の[ダウンロード]-[トライアル版]をクリックし、ダウンロード方法([FTP]または[HTTP])を選択すれば入手できます。ファイルはLZH形式で圧縮されています。

 有償のコンポーネントですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、トライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 ComponentOne Studio 2007 WinForms Editionをインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、PowerTools True WinReports for .NETおよびPowerTools Preview for .NETを追加します。追加するコンポーネントは、「.NET Frameworkコンポーネント」の名前空間が「C1.Win.C1Preview」で始まる名前空間のコンポーネント「C1PrintPreviewControl」と、「C1.Win.C1Report」で始まる「C1Report」です。

「C1.Win.C1Preview」で始まる名前空間のコンポーネント「C1PrintPreviewControl」と、「C1.Win.C1Report」で始まる「C1Report」を追加する
「C1.Win.C1Preview」で始まる名前空間のコンポーネント「C1PrintPreviewControl」と、「C1.Win.C1Report」で始まる「C1Report」を追加する

GUIの作成

 フォームはPanelを配置し、Dockプロパティを「Top」にして、その上にButtonを2つとComboBoxを1つ配置します。

 ComboBoxは、DropDownStyleプロパティを「DropDownList」にし、Itemsコレクションで「メーカー」と「カラー」という2つの項目を組み込みます。また、Panelの下に「C1PrintPreviewControl」を配置し、Dockプロパティを「Fill」にします。

 C1Reportコンポーネントを2つ配置しておきます。このコンポーネントは、ユーザーインターフェースは持ちませんので、フォームデザイナの下側に配置されます。

GUIデザイン
GUIデザイン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne)

もっと読む

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5