CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

業務アプリ開発用UIコンポーネント「ComponentOne」がBlazorに対応! サンプルで体験してみよう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/25 12:00

 本記事では、UIライブラリ「ComponentOne」のBlazor対応バージョンについて、かんたんなBlazorアプリの作成を通して、その魅力を紹介します。ComponentOneは、デスクトップ、Web、モバイルに対応した.NETアプリケーションの開発が可能なライブラリとしてご存じの方も多いと思いますが、バージョン2020J v3では、ついにBlazorにも対応しました。

目次

対象読者

 C#とWebシステムの基礎的な知識がある方を対象とします。C#の基本文法などの解説は割愛します。

ComponentOne for Blazorとは

 「ComponentOne」は、グレープシティ株式会社が販売する業務アプリケーション向けの.NET環境用コンポーネントセットです。これまでもMicrosoftのテクノロジーに適応して開発されてきましたが、バージョン2020J v3では、ASP.NET Core Blazor(以下Blazor)を用いたアプリケーション開発にも対応しました。

 Blazorとは、.NET環境で対話型のWeb UIを構築するためのフレームワークです。JavaScriptの代わりにC#言語を使用して、SPA(Single Page Application)を実現できます。Blazor自体については、「ASP.NET Core Blazorチュートリアル」を参照してください。

 ComponentOne 2020J v3に含まれる「ComponentOne for Blazor」は、BlazorによるWebアプリケーション開発のための限定したコンポーネントセットです。業務システムに要求されるデータグリッド、チャート、入力といったユーザーインタフェースを、Blazor WebAssemblyとBlazor Serverアプリケーションに付加することができます。

ComponentOne Enterprise 2020J v3

 バージョン2020J v3では、Blazor対応だけではなく、2020年11月にリリースされた.NETの最新バージョンである「.NET 5」フレームワークに対応しています。以前から提供されてきたデータグリッドコントロール「FlexGrid」や、チャートコントロール「FlexChart」などで、.NET 5をサポートしています。詳細については、グレープシティのページでご確認ください。

ComponentOne for Blazorのコンポーネント

 ComponentOne for Blazorでは、FlexGrid、FlexChartだけでなく、次のようなコントロールが提供されています。

Blazorで利用可能なコントロール

  • グリッド&データ管理:FlexGrid、ListView、DataPager
  • データ可視化:FlexChart、FlexPie、TreeMap
  • 入力&編集:ComboBox、AutoComplete、NumericBox、TimeEditor、DatePicker、DateTimePicker
  • スケジュール:Calendar

 これらのコントロールを組み込むことで、複雑な業務アプリケーションであっても、容易にBlazorで実現可能です。ComponentOne for Blazorには、数多くのサンプルが収録され、各種ドキュメントもWebサイトで公開されています。開発にあたってのハードルも高くないでしょう。

ComponentOne for Blazorを使ったBlazorアプリ

 本記事では、ComponentOne for Blazorで提供されるコントロールのうち、FlexGridとFlexChartを使ったBlazorアプリケーション(Blazor WebAssembly App)を作成します。

グリッドコンポーネント「FlexGrid」

 FlexGridは、多彩な表現ができるグリッドコンポーネントで、その歴史の始まりは、1996年のVisual Basic用VBXアドインまで遡ることができます。ComponentOne for BlazorのFlexGridでも、データバインディングや書式設定などの機能を柔軟なAPIを使って開発ができ、シンプルな記述で高機能なデータ表示が可能です。ExcelライクなUIも実現しています。

チャートコンポーネント「FlexChart」

 柔軟にデータの視覚化できるチャートコンポーネントであるFlexChartも、始まりはデスクトップ向けのコントロールで、FlexGridと共に発展しました。ComponentOne for BlazorのFlexChartでも、縦横の棒グラフを始め、折れ線、面、円、ステップ、散布図、バブルチャートなどを表示できます。

コンポーネントのインストール

 ComponentOne for Blazorを利用するにあたって、最初にインストールが必要です。インストーラーを実行すると、次の画面が表示されます。

インストール画面
インストール画面

 ここで、Blazor Editionにチェックを入れて、続行をクリックします。コンポーネントのインストールが完了した後は、ライセンスメニューからライセンス認証を行います。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne)

もっと読む

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 高江 賢(タカエ ケン)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5