Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Alinous-Coreインストール手順

Eclipse Alinous-Coreプラグイン導入手順

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/10/02 14:00

 本稿ではWeb-DBプログラム「Alinous-Core」の開発環境構築手順を紹介します。開発環境はEclipseプラグインの形で提供されています。

はじめに

 本稿ではWeb-DBプログラム「Alinous-Core」の開発環境構築手順を紹介します。

JavaとEclipseのインストール

 Alinous-Core開発環境構築にあたっては、JavaとEclipseがインストールされていることが前提となります。下記の記事を参考にしてください。

 なお、Alinous-Coreの開発環境は以下のようになります。

ソース修正、デバック統合環境
  • Eclipse 3.2以上
  • Java 5.0以上
データベース
  • PostgreSQL 8.1以上
ブラウザ
  • Internet Explorer 4以上
  • Firefox 1.0以上
  • Opera 1.0以上

プラグインの導入

1.ソフトウェアアップデートの選択

 Eclipseを起動し、メニューバー「Help」を選択、続いて「Software Update」-「Find and Install」を選択します。

2.Install/Update画面

 「Search for new features to install」ラジオをチェックし、「Next」ボタンをクリックします。

3.Update site to visit画面

 Alinous-Coreのインストールサイトを登録します。「New Remote Site」ボタンをクリックしてください。

4.Edit Remote Siteポップアップ

 以下の内容を入力し、OKボタンをクリックします。

項目 設定値
Name Alinous-Core Alpha(任意)
URL http://alinous.org/eclipse/AlinousCoreAlpha/

5.更新サイトの追加

 Alinous-Coreの更新サイトが追加されます。チェックされていることを確認して、「Finish」ボタンをクリックします。

6.Search Results画面

 「Alinous-Core」にチェックを入れ、「Next」ボタンをクリックします。

7.Feature License画面

 ライセンス条項が表示されますので、熟読のうえ、問題がなければ「I accept the terms in the license agreement」ラジオ(承諾)にチェックを入れ、「Next」ボタンをクリックします。

8.プラグイン一覧

 入手するプラグイン一覧が表示されます。「Finish」ボタンをクリックしてください。

9.プラグインのダウンロード

 プラグインのダウンロードが行われます。

10.インストール確認画面

 ダウンロードが完了するとインストール確認画面が表示されるので、「Install All」ボタンをクリックします。

11.再起動確認画面

 インストールが終了すると、Eclipse再起動確認画面が表示されます。「Yes」を選択し、Eclipseを再起動します。

 以上でAlinous-Coreのインストールは完了です。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 布施 榮一(ふせえいいち)

    布施加工有限会社 代表取締役 布施加工って何しているとこなの?? 実はIT屋さんだったりします(笑) Linux基盤各種サービスの設計構築およびコンサルティングをやっています。 ブログもちょこちょこっと書いてます。 Alinous-Core 正規販売代理店

バックナンバー

連載:Webフレームワーク「Alinous-Core」でアプリケーション開発をはじめよう

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5