SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

Docker、スムーズなホットリロードを実現する「Docker Compose Watch」を一般提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Dockerは、アプリケーション開発の内部ループを改善するツール「Docker Compose Watch」の一般提供を、10月3日(現地時間)に開始した。

 Docker Compose Watchは、アプリケーション開発におけるホットリロードをスムーズにすべく開発されたツールで、特に開発ユースケースをターゲットにコードの変更をコンテナと確実に同期することによって、ReactやNextJSでの独自のライブリロード開始も可能になる。

 今回の一般提供開始にあたって、これまではコード同期操作のために多数のAPI呼び出しが必要だったところ、Docker Engineへの単一のAPI呼び出しとしてバッチ処理されるようになった。

 さらに、転送パフォーマンスを向上させるべくコンテナへの変更のストリーミングを微調整し、デバウンスメカニズムを新たに組み込むことで同じファイルへの連続書き込み時における不必要な転送がなくなり、不要な増分コンパイルが実行されなくなっている。

 また、フィルタは一般的なコードエディタや統合開発環境(IDE)によって生成される、標準の一時ファイルを無視するよう改良された。

 そのほか、これまでDocker Compose Watchは実行中のComposeプロジェクトにアタッチする必要があったが、現在は起動時に必要なすべてのサービスを自動的に構築して開始するようになっている。

 一般提供されたDocker Compose Watchは、「Docker Desktop 4.24」付属の「Compose 2.22.0」にて利用できるようになっているため、Docker Desktopを最新バージョンにアップグレードすることで、Docker Compose Watchの試用を始められる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/18458 2023/10/05 11:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング