CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Dockerに関する記事とニュース

24件中1~20件を表示
  • 2021/04/12

    「Docker Desktop 3.3」がリリース、更新の自動ダウンロード・インストールが行われないように

     米Dockerは、Windows/macOS向けのDocker環境「Docker Desktop 3.3」を、4月8日(現地時間)にリリースした。

  • 2021/01/19

    実用的なDockerイメージを使って便利さを体験しよう

     最近Dockerという⾔葉を聞くけれども、よくわからない。新しい技術なので、そう思う⼈も多いでしょう。それは体験が⾜りないからです。ひとまず体験すれば、Dockerの便利さがすぐにわかると思います。この連載では、Dockerの利点を⽣かし、業務に必要となりそうなさまざまなサーバーを⼿早く簡単に作っていくことを⽬指します。第3回からは、実用的なDockerイメージを使って、Dockerの便利さを体験していきます。今回は、OneDriveやGoogleドライブのようなWebストレージや連絡先、カレ...

  • 2020/11/27

    最短で使うDocker入門~Dockerを体験しよう

     最近Dockerという言葉を聞くけれども、よくわからない。新しい技術なので、そう思う人も多いでしょう。それは体験が足りないからです。ひとまず体験すれば、Dockerの便利さがすぐにわかると思います。この連載では、Dockerの利点を生かし、業務に必要となりそうなさまざまなサーバーを手早く簡単に作っていくことを目指します。第1回は、Dockerの仕組みと基礎知識を簡単に説明します。

  • 2019/02/01

    コンテナーとは? Kubernetesとは? 導入や運用、ユースケースを解説

     コンテナオーケストレーションツールとして標準的になってきたKubernetes。これから使ってみたい方に向けた解説書として『しくみがわかるKubernetes』(翔泳社)が発売中です。今回、本書からコンテナーやKubernetesの概要やユースケースについて紹介します。

  • 2018/05/23

    Kubernetes/Dockerに便利なエディタ「Visual Studio Code」を使ってみよう

    本記事では、拙著『プログラマのためのDocker教科書 第2版』の番外編として、Microsoftが提供するエディタ「Visual Studio Code」とパブリッククラウド「Azure」を使ってコンテナアプリケーションをデプロイする方法の概要をご紹介します。

  • 2018/05/16

    AWSにおけるKubernetes――OSSを活用した、マイクロサービスアーキテクチャの課題を解決する取り組みとは

     freeeの価値基準の一つである、ユーザーにとって「本質的(マジ)で価値ある」ものを届けるということ。本連載ではそれに向かって、日々挑戦を続ける開発現場の事例をお伝えします。本記事では、freeeにおけるバックエンドの改善への取り組みである、Kubernetes on AWSによるアプリケーション開発・運用のモダン化について紹介します。

  • 2018/04/06

    プログラマもインフラ業務ができるDockerを解説 『プログラマのためのDocker教科書 第2版』

     Dockerへの注目が集まり普及が進む中、翔泳社では2015年11月に発売し好評を博した『プログラマのためのDocker教科書』の第2版を4月11日に発売します。著者は確かな知識と実践に裏打ちされた解説が人気の阿佐志保さん。Dockerが気になっている、インフラ技術を学びたい、そんなプログラマなら手に取って損のない1冊です。

  • 2018/03/23

    Google Stackdriverにおける、アラートの設定とアプリケーションのログの設定

     本連載では、オープンソースのオーケストレーションシステムである「Kubernetes」を用いて、スケーラブルで運用しやすいWebアプリケーションを構築する方法を紹介します。前回はモニタリングツール「Google Stackdriver」の導入とモニタリング方法を解説をしました。今回はアラートの設定とアプリケーションのログの設定ついて説明します。

  • 2018/02/21

    Google StackdriverでKubernetesのモニタリングに挑戦してみよう

     本連載では、オープンソースのオーケストレーションシステムである「Kubernetes」を用いて、スケーラブルで運用しやすいWebアプリケーションを構築する方法を紹介します。前回は継続的インテグレーションするための仕組みの構築方法について解説をしました。今回はモニタリングツールの導入とモニタリング方法ついて紹介します。

  • 2018/01/17

    Google Cloud Container Builderでアプリケーションのデプロイと継続的インテグレーションを実現

     本連載では、オープンソースのオーケストレーションシステムである「Kubernetes」を用いて、スケーラブルで運用しやすいWebアプリケーションを構築する方法を紹介します。前回はServiceのselectorを使ったBlue-Green Deployment相当の機能を実現する方法と、アプリケーションのバージョンごとにURLを自動で割り当てる機能を実現するため、必要な手順を解説しました。本記事では効率的なアプリケーション開発に欠かせない、継続的インテグレーションをするための仕組みについて、そ...

  • 2018/01/09

    Kubernetesで構築したWebアプリケーションに、Blue-Green Deployment相当の機能と、バージョンごとにURLを生成する機能を追加

     本連載では、オープンソースのオーケストレーションシステムである「Kubernetes」を用いて、スケーラブルで運用しやすいWebアプリケーションを構築する方法を紹介します。前回はWebアプリケーションを外部に公開するために、クラスタにServiceとIngressを追加しました。今回は、Serviceのselectorを使ったBlue-Green Deployment相当の機能の実現方法と、アプリケーションのバージョンごとにURLを自動で割り当てる機能を実現するため、必要な手順を解説します。 ...

  • 2017/11/27

    KubernetesクラスタにServiceとIngressを追加し、Webアプリケーションを外部に公開

     本連載では、オープンソースのオーケストレーションシステムである「Kubernetes」を用いて、スケーラブルで運用しやすいWebアプリケーションを構築する方法を紹介します。前回はGoogle Container Engine上にKubernetesクラスタを作成し、それにDeploymentをデプロイしました。今回はWebアプリケーションを外部に公開するために、クラスタにServiceとIngressを追加します。

  • 2017/10/05

    Google Container EngineによるKubernetesクラスタの作成

     本連載では、オープンソースのオーケストレーションシステムである「Kubernetes」を用いて、スケーラブルで運用しやすいWebアプリケーションを構築する方法を紹介します。「Google Container Engine」で提供されているKubernetesを使用し、構築方法には触れずにKubernetes上の構成にフォーカスを当てて説明します。今回はKubernetesおよびGoogle Container Engineの説明と、Kubernetesクラスタの作成方法、その上にWebアプリケ...

  • 2016/06/23

    SIerの新米プログラマがベテランと意思疎通できるようになる『クラウド超入門』、著者・阿佐さんに訊く

     翔泳社が6月16日に刊行した『Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門』は、利用が拡大しているクラウドサービスを、AWSをもとに学ぶ入門書です。基本的な用語すら分からない新人でも議事録を取れるようになるという本書について、著者でDocker好きの阿佐志保さんにうかがいました。

  • 2016/06/17

    AWSでWebサーバーを構築しよう! 新米プログラマがAWSとDockerでクラウドを始めるための入門書

     翔泳社では6月16日(木)に『Amazon Web Servicesではじめる 新米プログラマのためのクラウド超入門』を刊行しました。クラウドでのインフラ構築経験が少ない若手のエンジニアはもちろん、これからはプログラマもインフラ構築ができなければならない時代になりつつあります。クラウドへの移行期にあるいまのうちに、AWSでWebサーバーを構築できるようになりませんか?

  • 2016/02/01

    Dockerで「Redmine」と「Let’s Chat」を動かしてみよう

     本連載は、コンテナ仮想化技術を使ったアプリケーション実行環境構築プラットフォームである「Docker」をつかって、ソースコードのバージョン管理ツールやコミュニケーションツールなどの開発支援ツールの導入を行う手順をご紹介します。今回は、プロジェクト管理ツール「Redmine」と社内チャットツール「Let's Chat」の実行環境を構築する手順について解説します。

  • 2015/12/14

    Dockerでソースコードのバージョン管理ツール「GitLab」を動かしてみよう

     本連載は、コンテナ仮想化技術を使ったアプリケーション実行環境構築プラットフォームである「Docker」をつかって、ソースコードのバージョン管理ツールや継続的インテグレーションツールなどの開発支援ツールの導入を行う手順をご紹介します。前回の連載では、オンプレミス環境とクラウド環境にDockerの実行環境を構築する手順と、構築した実行環境で継続的インテグレーションツール「Jenkins」の環境を構築しました。今回は、ソースコードのバージョン管理ツールである「GitLab」の環境を構築する手順をご紹...

  • 2015/12/02

    Dockerで継続的インテグレーションツール「Jenkins」を動かしてみよう

     本連載は、コンテナ仮想化技術を使ったアプリケーション実行環境構築プラットフォームである「Docker」をつかって、ソースコードのバージョン管理ツールや継続的インテグレーションツールなどの開発支援ツールの導入を行う手順をご紹介します。

  • 2015/11/30

    インフラ構築をコードで自動化できる「Docker」の魅力――主婦と先生と作家をコンテナ仮想化で両立する阿佐志保さんの生き方

     翔泳社では11月19日に『プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化』を刊行しました。今回、Dockerが大好きだという著者の阿佐志保さんに、本書の紹介だけでなくDockerに関わる人生観についてもお話をうかがいました(インタビュー内容は10月21日時点のものです)。

  • 2015/11/20

    アプリケーション開発者でもコードでインフラ構築ができる!『プログラマのためのDocker教科書』刊行

     アプリケーション開発者がいきなり「インフラ構築よろしく」と言われても、どうしようもありません。まったく領域の違う仕事なのに、社内ではあまり理解されていないとお悩みでは? そこで翔泳社では『プログラマのためのDocker教科書』を刊行しました。いまこそ、コードが書ければインフラ構築ができるDockerを。

24件中1~20件を表示
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5