SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

フリーランスに転身後の収入変化や不安とは? アイムファクトリーがフリーランスエンジニアの実態調査を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイムファクトリーは、会社員からITフリーランスエンジニアへ転身した人100名を対象に実施した「フリーランスエンジニアへの転身に関する実態調査」の結果を1月15日に発表した。

 本調査は、2023年12月11日〜12月13日までの期間にインターネット調査で行われ、会社員からITフリーランスエンジニアへ転身した人100名から有効回答を得ている。

 「Q1.会社員からITフリーランスエンジニアへ転身してみての、満足度を教えてください。」(n=100)と質問したところ、「とても満足している」が31.0%、「やや満足している」が51.0%という回答となった。

 Q1で「とても満足している」「やや満足している」と回答した人に、「Q2.あなたが、ITフリーランスエンジニアへの転身に満足している理由を教えてください。(複数回答)」(n=82)と質問したところ、「時間や場所に縛りがないから」が63.4%、「仕事のペースを自身でコントロールできるから」が58.5%、「働いた分だけ収入が上がるから」が40.2%という回答となった。

 Q2で「わからない/答えられない」以外を回答した人に、「Q3.Q2で回答した以外に、あなたが、ITフリーランスエンジニアへの転身に満足している理由があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=82)と質問したところ、「自分で稼いでる感覚がある」や「顧客に本当に必要なものを適正な価格で提供出来る」など51の回答を得ることができた。

 「Q4.ITフリーランスエンジニアへの転身で、「働き方」にどのような変化がありましたか。(複数回答)」(n=100)と質問したところ、「仕事量や収入を自身で調整できる」が52.0%、「働く時間や休日を都合に応じて決められる」が51.0%、「通勤が不要で時間の有効活用ができる」が51.0%という回答となった。

 「Q5.ITフリーランスエンジニアへの転身で、「収入」にどのような変化がありましたか」(n=100)と質問したところ、「かなり増えた」が14.0%、「やや増えた」が23.0%という回答となった。

 「Q6.ITフリーランスエンジニアへの転身で、「仕事への意識/向き合い方」にどのような変化がありましたか。(複数回答)」(n=100)と質問したところ、「プロとしての意識が高くなった」が36.0%、「成果へのこだわりが強くなった」が33.0%、「達成感や働きがいをより感じるようになった」が25.0%という回答となった。

 「Q7.当初、ITフリーランスエンジニアへの転身を検討する上で、不安を感じたことがありますか。不安に感じていたことを具体的に教えてください。(複数回答)」(n=100)と質問したところ、「収入が安定するかどうか」が76.0%、「仕事を十分に獲得できるのか」が55.0%、「確定申告などお金関係の事務作業が発生すること」が35.0%という回答となった。

 Q7で「不安を感じることはなかった」「わからない/答えられない」以外を回答した人に、「Q8.ITフリーランスエンジニアへの転身を検討する中で感じた不安に対し、どのような対処法を取りましたか。(複数回答)」(n=88)と質問したところ、「スキルや専門知識を向上させ、自身の市場価値を高めた」が27.3%、「家計の収支バランスを見直した」が26.1%、「既にフリーランスとして働いている知人に話を聞いた」が21.6%という回答となった。

 「Q9.フリーランスとしてスタートするにあたり、特に役に立った準備は何ですか。(複数回答)」(n=100)と質問したところ、「自宅の業務環境を整えた」が31.0%、「税金や契約書など法的な知識を身に付けた」が25.0%、「仕事の機会やサポートを得られる人脈を築いた」が20.0%という回答となった。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/18907 2024/01/17 10:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング