SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

Microsoft、Visual Studio 2022にAIを活用したC++変数名の提案機能を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Microsoftは、Visual Studio 2022におけるGitHub Copilotから、AIを活用した名前変更の提案を使用して、C++変数の名前を変更できるようにしたことを、5月13日(現地時間)に発表した。

 今回、追加されたAIによる名前変更の提案によって、あらゆるC++識別子に対する名前の提案が、動的に生成されるようになる。使用法とコードスタイルに基づいて生成された名前が提案されるため、簡潔さを保ちつつ適切な品質での変数の記述を可能にする。

 同機能の追加によって、開発者はこれまで新たな名前を考えることに費やしていた時間を、Copilotによって生成された変数名のレビューに振り向けることで、識別子を説明する適切な名前を決定できる。

 なお、同機能の利用にあたってはVisual Studio 2022のバージョン17.10 Preview 1以降がインストールされ、GitHub CopilotおよびCopilot Chat拡張機能がインストールされているとともに、GitHub Copilotへのサブスクリプションが必要となる。ただし、Visual Studio 2022 17.10 Preview 3では拡張機能がGitHub Copilot拡張機能として1つに統合されるとともに、推奨コンポーネントとしてVisual Studioに自動的にインストールされるようになっている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/19518 2024/05/15 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング