CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

フリーレイアウトグリッドを使った業務アプリケーションの作成

第1回 導入準備から検索画面作成まで

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/08/22 11:00

この連載では検索系・登録系のアプリケーション開発について、実際の開発現場に沿った形で、開発の手順からコーディングまで、そのテクニックについて紹介していきます。具体的には、ジーワンシステムのフリーレイアウトグリッドを利用し、データベースサーバのストアドプロシージャと、得意先検索画面、受注入力画面 を表示するアプリケーションの開発過程を紹介していきます。

目次
今回作成する「得意先検索画面」のモックアップ
今回作成する「得意先検索画面」のモックアップ

はじめに

 業務システム開発では、開発するアプリケーションの種類を大きく分けて次のように分類することができます。

  • 検索系
  • 登録系
  • 一覧系
  • 帳票(伝票・単票)系
  • 帳票(一覧)系
  • バッチ系

 そこで、この連載では検索系・登録系のアプリケーション開発について、実際の開発現場に沿った形で、開発の手順からコーディングまでのテクニックを解説していきます。

 具体的には、データベースサーバのストアドプロシージャと、得意先検索画面、受注入力画面 を表示するアプリケーションの開発過程を紹介します。

 アプリケーションの作成には、アクセスの帳票フォームのように1明細複数行表示を簡単に実現できる、ジーワンシステムのフリーレイアウトグリッドを利用します。

対象読者

  • Visual Basic 2005/2008またはVisual C# 2005/2008を使ってプログラムを作ったことのある人。
  • 社内での立場がプログラマに指示を出す人、顧客にシステム提案をする人、基本的なSQLが理解できる人。

必要な環境

 Visual Basic 2005/2008またはVisual C# 2005/2008を使ってプログラムが作れる環境があること。また、SQL Serverがインストールされている必要があります。

 なお、Visual Basic 2005 Express Edition、Visual C# 2005 Express Edition、SQL Server 2005 Express Editionでも使用可能です。

コントロールのインストール

 はじめてフリーレイアウトグリッドを使用する方は、プロジェクトにフリーレイアウトグリッドをインストールする必要があります。

 インストーラは、株式会社ジーワンシステムのWebページからダウンロードできますので、ここからダウンロードしてインストールしてください。

 ファイルはZIP形式で圧縮されており、解凍すると「Setup2008.8.8.msi」というWindowsインストーラ パッケージがありますので、これを起動します。後は、インストーラの指示に従ってインストールしてください。

 有償のコントロールですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、トライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 フリーレイアウトグリッドをインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、フリーレイアウトグリッドコンポーネントを追加します。追加するコントロールは、「.NET Frameworkコンポーネント」の「G1FreeGrid」コントロールです。

「.NET Frameworkコンポーネント」の「G1FreeGrid」コントロールを追加する
「名前空間」が「G1.FreeGrid」で始まる名前空間のコントロール「G1FreeGrid」を選択する

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:フリーレイアウトグリッドで業務アプリケーションを作成する
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5