Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Adobe、「Creative Suite 4」の詳細を発表、FXGのサポートなど開発者向け機能が強化

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/09/24 18:58

 Adobeは23日、デザイン用アプリケーションスイート「Creative Suite 4(CS4)」の詳細を発表した。米国での販売開始は10月を予定している。

 Adobeは23日、デザイン用アプリケーションスイート「Creative Suite 4(CS4)」の詳細を発表した。

Adobe Creative Suite 4
Adobe Creative Suite 4

 CS4はアドビ史上最大のソフトウェアリリースとなり、13のソフトウエア製品と14の技術、7つのサービスで構成され、「Creative Suite 4 Master Collection」「Creative Suite 4 Web Premium」など、用途別に全6種類の統合スイートが用意されている。

 CS4の特徴の1つを、AdobeのプラットフォームエバンジェリストであるRyan Stewart氏は自身のブログで「Photoshop/Illustrator/FireworksにおけるFXGのサポート」だとしている。

 FXGは、Adobeがオープンソースとして開発を進めている、XMLをベースとしたFlash向けのデータ交換フォーマット。FXGをサポートしたことにより、デザインツールで作成したアートワークを、Flexアプリケーションで利用することができるようになるほか、ファイルサイズを押さえることもできる。

 その他にも、Photoshop CS4では画像のサイズ変更に応じて自動的にイメージを調整する「Content-Aware Scaling」ツールが追加されるなど、各製品さまざまな機能が追加されている。

 なお、米国での販売開始は10月を予定。予想小売価格は、次のとおりとなっている。

  • Creative Suite 4 Design Premium:1799ドル
  • Creative Suite 4 Web Premium:1699ドル
  • Creative Suite 4 Production Premium:1699ドル
  • Creative Suite 4 Master Collection:2499ドル

 
【関連リンク】
Adobe Creative Suite 4 family
Adobe Introduces Creative Suite 4 Product Family(プレスリリース)
Looking at the CS4 Release from a Developer Perspective:Ryan Stewart's Blog

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5