SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

米Sun、RIAプラットフォーム
「JavaFX 1.0」正式版をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Sun Microsystems社は米国時間の4日、Java上で動作するリッチインターネットアプリケーション(RIA)基盤「JavaFX 1.0」をリリースした。

 米Sun Microsystems社は米国時間の4日、Java上で動作するリッチインターネットアプリケーション(RIA)基盤「JavaFX 1.0」をリリースした。JavaFXのWebサイトからダウンロードできる。

JavaFXのサイト
JavaFXのサイト

 同社では、JavaFXをJavaプラットフォームの最も重要な革新の一つとして位置づけ、「臨場感あふれるJavaソフトウェアが、デスクトップやWebブラウザ、携帯、TVといった様々な環境から、いつでもどこでもアクセスできるようになる大きなきっかけ」と述べている。Java技術は、ワールドワイドの推定で90%以上のPC、85%以上の携帯端末に搭載されており、開発者やコンテンツ制作者に広大な市場を提供することになる点も強調。

 Java FXの特徴的な機能として「ドラッグインストール」(Drag-to-Install)を挙げている。これによってエンドユーザは、アプレットをWebブラウザからデスクトップにドラッグ&ドロップするだけでインストールし、デスクトップ上で直接実行できるようになる。

 JavaFX 1.0は、On2 Technologies社のコーデックを採用した「JavaFX Video Support」の他、3つの主要コンポーネント「JavaFX Development Environment」「JavaFX Production Suite」「JavaFX Desktop」で構成されている。

 開発環境として、通常のSDKとNetBeans IDE 6.5 for JavaFX 1.0が用意されており、どちらもモバイル開発用のエミュレーターが同梱されている。また、Webデザイナー向けのツール「JavaFX 1.0 Production Suite」も提供され、PhotoshopやIllustratorのアートワークをJavaFXアプリケーションに簡単に取り込むようなことも可能となっている。

 
【関連リンク】
JavaFX
Sun Microsystems Unveils JavaFX 1.0 with Immersive Media Capabilities Targeted at Market's 800 Million Java Powered Desktops(プレスリリース)
JavaFX 1.0 をいち早く体験してみる(CodeZine)

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

斉木 崇(編集部)(サイキ タカシ)

メディア編集部 メディア1(CodeZine/EdTechZine/ProductZine)編集統括 兼 EdTechZine/ProductZine編集長。1978年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科(建築学専門分野)を卒業後、IT入門書系の出版社を経て、2005年に翔泳社へ入社。ソフトウェア開発専門のオンラインメディア「CodeZine(コードジン)」の企画・運営を2005年6月の正式オープン以来担当し、2011年4月か...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/3367 2008/12/05 11:47

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング