CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

初めての省庁系システム開発(第3回)~受領資料の意味を熟考せよ~

受領資料の中で1番大切な「調達仕様書」の注意点

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/07/06 14:00

 この連載では、省庁系システム開発において、著者が経験したプロジェクトを例として、どのような技術を使用したかだけでなく、省庁系システム特有の掟などを書き綴っていきます。本記事では、省庁から受領する多くの資料の中で一番重要で、その後の要件定義工程を進めてゆく上で欠かせない「調達仕様書」について、説明していきます。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2009/06/19 13:00 「要件定義書(仮)」から「仮の要件定義書」という記述に変えました。ガイドラインで「仮の要件定義書」という記載があったのでそれに合わせました。

  • 2009/06/06 14:50 システムに関連する法案の査読が必要である旨を追加

  • 2009/06/06 12:10 特定のプロジェクトの例を削除し一般的な表現に変更した。

バックナンバー

連載:初めての省庁系システム開発

もっと読む

著者プロフィール

  • チャーリー・佐藤(チャーリー・サトウ)

    ここ10数年、プロジェクト・マネージャやソフトウェア・アーキテクトという一見相いれない仕事を繰り返してきました。プログラミングも大好きで、自宅ではいろんな言語を楽しんでいます。 年齢も40過ぎ、徹夜の連続では耐えられないようになってきました。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5