SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

「Google Developer Day 2009」開幕
今年のキーワードは「HTML5」「Android」「OpenSocial」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの開発技術を利用する開発者向けのイベント「Google Developer Day 2009」が9日、パシフィコ横浜で開幕した。

Google Developer Day 2009がパシフィコ横浜で開幕した
Google Developer Day 2009がパシフィコ横浜で開幕した

 Googleの技術動向を紹介するだけでなく、トップエンジニアとのインタラクティブな相談セッション「Office Hours」や、開発事例を紹介する「Developer Sandbox」などにより、来訪者自身も参加するイベントとして位置づけている。

 今回はメインテーマに「A More Powerful Web, Made Mobile, Made Social, Made Easier」を掲げ、基調公演では「HTML5」「Android」「ソーシャルウェブ」のテーマを重点的に取り上げて、FlashやSilverlightといったRIA技術を使わずに、ブラウザ標準の機能だけで3Dのレンダリングや動画処理を行うデモや、PCとモバイル端末でシームレスにソーシャルアプリケーションで連携するデモ、先月「Google I/O」で発表された、新しいコミュニケーションツール「Google wave」のプレビューなどが行われた。

 また、事前登録済みの参加者にはアプリケーション開発用の実機としてAndroid Phoneが無料で提供された。午後からは、各技術を掘り下げて紹介するブレイクアウトセッションが予定されている。

参加者に無償提供されたAndroid Phone
参加者に無償提供されたAndroid Phone

 
【関連リンク】
Google Developer Day 2009
【関連記事】
【Google Developer Day 2008】次世代Webのキーワードは「3つのC」

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

斉木 崇(編集部)(サイキ タカシ)

メディア編集部 メディア1(CodeZine/EdTechZine/ProductZine)編集統括 兼 EdTechZine/ProductZine編集長。1978年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科(建築学専門分野)を卒業後、IT入門書系の出版社を経て、2005年に翔泳社へ入社。ソフトウェア開...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/4042 2009/06/09 14:21

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング