Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

軽量プログラミング言語の総合カンファレンス
「Lightweight Language Television(LLTV)」開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/08/31 12:35

 PerlやPythonなど軽量プログラミング言語(Lightweight Language)の総合カンファレンス「Lightweight Language Television(LLTV)」が29日、なかのZERO(東京都中野区)で開催された。

 PerlやPythonなど軽量プログラミング言語(Lightweight Language)の総合カンファレンス「Lightweight Language Television(LLTV)」(主催:Lightweight Language Television実行委員会、協賛:日本UNIXユーザ会ほか)が29日、なかのZERO(東京都中野区)で開催された。夏のLL系総合イベントとして7回目となる今年は、LLTVというタイトルどおりテレビ番組を模した演出で、朝10時半から夜21時まで約10時間にわたって、6つの「番組」としてセッションを行った。

 午前中には「朝から生テレビ」と題して「Language Update」などが行われ、続いて「LLフィーリングカップル」では男女によるLL観の違いが明らかにされた。午後はまず話題の「クラウド」を題材にした「渡る世間は雲ばかり」で、Google App Engine/Java上でフレームワーク「Slim3」のデモを行ったひがやすお氏の「最近のJavaはLL(なのでコンパイルやデプロイを気にせず開発できる)」のひと言が注目を集めた。

LLTV Tシャツを着る高橋征義氏(日本Rubyの会、左)と、ひがやすを氏(Seaserプロジェクト)
LLTV Tシャツを着る高橋征義氏(日本Rubyの会、左)と、ひがやすを氏(Seaserプロジェクト)

 続く「プロトタイピング~「もの作り」の流儀~」ではハードウェアのプロトタイピングなどについて語られ、LLイベントらしい視野の広いセッションとなった。夕方からは「大改善!! 劇的ビフォーアフター」と題して、C言語をschemeのようにしてしまう「CiSE(C in S-Expression)」などさまざまな「カイゼン」例が紹介された。

会場の様子「大改善!! 劇的ビフォーアフター」
会場の様子「大改善!! 劇的ビフォーアフター」

 最後は「LLレッドカーペット」と題したライトニングトーク。東京ミッドタウンに勤務するIT技術者による漫才コンビ「ミッドナイツ」がトリを飾った。

 昨年のLarry Wall氏やまつもとゆきひろ氏のような超大物の出演はなかったが、あくまで1トラックで、1本のプログラムあたりの時間を長めに取り、構成や人選などの面でも「仕込んだ」内容を売りとするLLイベントらしいカンファレンスとなった。参加者は当日券を含めて約600人。

 LLイベントは来年も開催される予定だが、実行委員で日本UNIXユーザ会の法林浩之氏は「この1~2年で(オープンソースのプログラミング言語にフォーカスした)イベントが増えてきたこともあり、会場や規模については考えどきかもしれないが、マンネリにならないよう、来年も演出を考えたい」と語っている。

ミッドナイツは、「皆さんヤホーってサイトをご存知ですか? 」「キミがそれ言っちゃっていいの? 」「アホーニュースが...」「ホントに大丈夫? 」などの言い間違いネタで場を盛り上げた。なお、LLイベントのLTには、かつてギターを持った着流しの「LL侍」が出演したこともある
ミッドナイツは、「皆さんヤホーってサイトをご存知ですか? 」「キミがそれ言っちゃっていいの? 」「アホーニュースが...」「ホントに大丈夫? 」などの言い間違いネタで場を盛り上げた。なおLLイベントのLTにはかつてギターを持った着流しの「LL侍」が出演したこともある

 
【関連リンク】
Lightweight Language Television (LLTV)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2009/08/31 15:45 本文一部修正しました。

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5