Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

楽天、Ruby実装の分散キー・バリュー型データストア
「ROMA」をgithubで公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/10/26 13:57

 楽天は24日、自社開発によるRuby実装の分散キー・バリュー型データストア「ROMA」をオープンソースで公開した。

同日開催された「楽天テクノロジーカンファレンス」での発表中に、リアルタイムでgithubにアップロードされた。

 ROMAは、Rubyで実装された分散キー・バリュー型データストアで、2007年にRuby開発者のまつもとゆきひろ氏が楽天技術研究所フェローに就任して以来、Rubyによる大規模システムの実現例として開発されてきた。

 特徴としては、データを複数のノードに分散して格納でき、ノードを増減させることで動的なスケールアウトを可能にしており、障害耐性が高い。また、利用者のメリットとしては、memcached互換のデータ型を提供するほか、getやset以外のコマンドやストレージ定義を独自にプラグインとして追加可能。プラグインはRuby言語で自由に記述できるため、拡張性が高い。

 楽天では現在、「楽天市場」と「楽天トラベル」のユーザー閲覧履歴をROMAに保存しており、1日に1億件のデータが書き込まれている。リスト処理のためのlistコマンドと、ストレージとしてTokyo Cabinetを利用するプラグインが追加されているという。

楽天テクノロジーカンファレンス「楽天ジャングル」のライトニングトークスで「楽天におけるROMAの利用」について発表し、その場でgithubにアップロードする西澤無我氏
楽天テクノロジーカンファレンス「楽天ジャングル」のライトニングトークスで「楽天におけるROMAの利用」について発表し、その場でgithubにアップロードする西澤無我氏

 
【関連リンク】
ROMA

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5