CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

配列コピー時に犯しやすい誤りに注意する
――C/C++セキュアコーディング入門(6)

「動けばいいってもんじゃない」 脆弱性を作り込まないコーディング 第6回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/02/15 14:00

 配列をコピーする際、記憶領域の扱いを適切に行わないとバッファオーバーフローにつながります。コピー元のデータ量またはコピー先の記憶領域のサイズをチェックするのが基本的な対策になりますが、誤って脆弱性を引き起こすことも多々あります。今回は、こういった配列コピー時に犯しやすい誤りについて解説します。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:C/C++セキュアコーディング入門

著者プロフィール

  • 富樫 一哉(トガシ カズヤ)

    システム開発マネージャ JPCERTコーディネーションセンター カナダ British Columbia Institute of Technologyにて、Bachelor of Technology in Computer Systems修了。メーカー系、独立系システムインテグレーターにて、...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5