Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Javaで軽快に使える「軽量フレームワーク」特集
~リッチなGUIを構築する「Vaadin」(1)

第10回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/03/04 14:00

 注目の軽量フレームワークをフットワーク軽く取り上げていく本連載。連載第10回目となる今回は、クライアントサイドにリッチなGUIを構築する軽量フレームワーク「Vaadin」を紹介します。

目次

はじめに

 フレームワークと言うと、多くの人は「アプリケーション全体を設計するもの」というイメージでとらえているかもしれません。しかし、もちろんそれだけがフレームワークではありません。例えばHibernateのように特定の機能に特化したものも存在します。

 最近になって見られるようになってきたのが、「Ajax利用のためのフレームワーク」です。例えば、「Google Web Toolkit(GWT)」などのことです。Javaを使って、Ajax利用のWebアプリケーションを構築するフレームワークです。素のHTMLだけでは実現できないリッチなGUIを、JavaScriptの複雑なコードを書くことなく実現できるフレームワークとして、GWTは広く使われつつあります。

 これまで、サーバーサイドのことばかり考えていた感のあるフレームワークの世界に、こうした「クライアントサイドの構築」を重視したものが登場するようになってきたのは、それだけWebが成熟し、「ただHTMLとスタイルシートで作っただけ」の平凡なページではぼちぼちまずいぞ、と誰もが思い始めた結果かもしれません。

 今回紹介する「Vaadin」も、こうしたクライアントサイド重視のフレームワークです。これは、GWTをベースにしたもので、JavaだけでリッチなGUIを持つWebアプリケーションを作成できるソフトウェアです。

対象読者

  • Javaで手ごろなフレームワークを探している技術者
  • 最近のフレームワークをごくざっと理解しておきたい方
  • Web開発の手法がどうも気に入らない、と常々考えているJavaプログラマ

Vaadinとは?

 Webの分野で、以前にもまして最近重要度を増しているのが「JavaScript」でしょう。最近では、Webといえどもクールでリッチなデザインが当たり前となってきています。「素のHTML」でGUIを構築していたのも今は昔。多くのWebサイトで、スタイルシートとJavaScriptを駆使したGUIが使われるようになりつつあります。

 しかし、Webプログラマの多くは、JavaScriptプログラマというわけではありません。サーバーサイドと異なり、クライアントサイドはどうも苦手だ、と思う人も多いはずです。JavaScriptは、ブラウザ間の互換性を未だに引きずっていたり、似たようなGUI構築のライブラリが乱立していたり、またJavaScriptという言語も多くのサーバーサイド言語とはかなり違う変わったオブジェクト指向言語であることなどから「できれば、あまり深入りしたくない」と感じるWeb開発者も多いことでしょう。

 こうした人達への福音となるフレームワークがここ数年、次々と登場しています。「Vaadin」もその1つです。これは「Javaによる、モダンWebアプリケーション作成のためのフレームワーク」なのです。

 Vaadinは、この「クライアントサイドの開発」の部分を、すべてJavaだけでやってしまおう! という考えで設計されています。ベースになっているGWTも、やはり「JavaでJavaScriptを書く」ということが考えられていました。しかし、それでもページの基本画面はHTMLのテンプレートとして用意し、Javaで用意したコンポーネントがJavaScriptのコードにレンダリングされてこのテンプレート内に組み込まれる、という形になっていました。

 しかし、Vaadinは更に徹底しています。Vaadinで書くコードはJavaのみです。HTMLのテンプレートも何もありません。Javaがすべてなのです! Javaのクラスを書けばそれだけでページが作成されます。Javaプログラマにとってはまさに夢のような環境かもしれません。

Vaadinプラグインのインストール

 Vaadinは、現在、VaadinのWebサイトにて配布されています(本稿執筆時での最新版はバージョン6.3.2)。ここからプログラムをダウンロードできます。

Vaadinのサイト。ここでプログラムを配布している
Vaadinのサイト。ここでプログラムを配布している

 ただし、本稿ではソフトのダウンロードは行いません。Vaadinのサイトでは、プログラム本体の他、Eclipseのプラグインも配布しており、これを利用することで効率的な開発が行えます。ここでも、プラグインを利用することにしましょう。なお、ここではver. 3.5(Galileo)にPleiadesをインストールし日本語したものをベースに説明していくため、他のバージョンあるいは英語版を使用している場合はそれぞれの環境にあわせてメニューや表示などを読み替えて理解してください。

 Eclipseを起動し、[ヘルプ]メニューから[新規インストール]を選び、インストールのためのウインドウを呼び出します。ここで作業対象のフィールドに、「http://vaadin.com/eclipse」と入力してEnterを押します。これでサイトにアクセスし、[Vaadin]という項目(内部に3つのサブ項目を持つ)が表示されます。項目のチェックをONにし、次に進みます。

[新規インストール]メニューで現れるウインドウ。http://vaadin.com/eclipseと入力してプラグインを検索する
[新規インストール]メニューで現れるウインドウ。http://vaadin.com/eclipseと入力してプラグインを検索する

 サーバにアクセスしたのち、「インストール詳細」という画面に進みます。ここでインストール内容を確認し、次へ進みます。

インストール内容を確認し次に進む
インストール内容を確認し次に進む

 ライセンスのレビュー画面に進みます。内容を確認し、[使用条件の条項に同意します]を選んで[完了]ボタンを選択します。

ライセンスの内容に目を通し、[同意します]を選ぶ
ライセンスの内容に目を通し、[同意します]を選ぶ

 これでインストールが開始されます。しばらくすると作業を完了し、ワークスペースを再起動するか尋ねてくるので、そのまま再起動すれば、次に起動した時からプラグインが使える状態になります。

 プラグインは、最初に設定すべきことなども特にありません。すぐにプロジェクトを作り、開発に入ることができます(ただし、プロジェクト作成過程でライブラリのダウンロードなどの作業を行うことになります)。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 掌田 津耶乃(ショウダ ツヤノ)

    三文ライター&三流プログラマ。主にビギナーに向けたプログラミング関連の執筆を中心に活動している。 ※現在、入門ドキュメントサイト「libro」、カード型学習サイト「CARD.tuyano.com」を公開中。またGoogle+プロフィールはこちら。

バックナンバー

連載:Javaで軽快に使える「軽量フレームワーク」特集

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5