Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

日本コモド、SSLサーバ証明書のルート認証局を2048ビットにアップグレード

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/09/06 15:20

日本コモド株式会社は10月23日より、SSLサーバ証明書発行サービス「EnterpriseSSL」で利用するルート認証局の仕様をアップグレードすると発表。またの移行に伴い3年間有効の証明書を新たに加えるとしている。

 日本コモド株式会社は、同社が提供しているSSLサーバ証明書発行サービス「EnterpriseSSL」で利用するルート認証局の仕様を、10月23日から公開鍵の鍵長を2048ビットに、署名アルゴリズムはsha1にそれぞれ移行すると本日発表した。

 同社では移行の理由として、計算機のコストあたりの暗号解読能力が年々向上しており、十分な安全性確保のために、暗号強度を増大させる必要があると述べている。

ルート認証局新旧比較
EnterpriseSSL現行証明書新証明書(10/23~)
ルートCA GTECybertrust GlobalUTN-USERFirst-Hardware
ルート有効期限2019/8/142019/7/10
ルート鍵長1024ビット2048ビット
ハッシュ関数md5RSAsha1RSA

 また今回の移行に伴い、10月23日より、メニューと価格体系の変更と、3年間有効の証明書を新たに加えるとしている。

 尚、今回の仕様変更は、それ以前に発行されたサーバ証明書には一切影響しないとのこと。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5