Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

開発者と非開発者を結ぶ新パラダイム「Workflow Foundation 4」

Workflow Foundation 4が導く新しい開発スタイル(1)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/06/13 14:00

 .NET Framework 3.0によりWorkflow Foundationが登場し、新しい形でアプリケーション開発を行えるようになりました。.NET 4、そしてこれから登場する.NET 4.5へと発展する中で、Workflow Foundationもその性能が向上し新しい機能が付与されました。ここではWorkflow Foundationの概要から利用方法、適した場面などを紹介します。

目次

はじめに

 Workflow Foundation(以下、WF)は.NET 3.0で提供されましたが、.NET 4になり更新されたWF 4はそれまでのWF 3とはまったく異なるモデルを採用したこともあり、内部構造および利用方法が従来と別物になりました。今回はWF 4の概要を解説し、WF 3との違いや次に控えるWF 4.5について紹介します。

対象読者

  • 異なる開発手法に興味のある方
  • Workflow Foundationに興味のある方
  • VB、C#でプログラミングを行ったことがある方

必要な環境

 サンプルコードを実行するには、Express Editionを含むVisual Studio 2010が必要です。

 デザイナー上でワークフローを作成するには、Professional以上のVisual Studio 2010が必要です。ただしWF 4ではワークフローデザイナーの自作が容易になっており、Experss Editionでも作成可能です。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 小尾 智之(オビ トモユキ)

    地方企業に勤めるインディープロレス好きなエンジニア。VB + SQL Server のシステム構築を主な業務としていましたが、元々の性格もあり色々な物に目移り中。Ahf というハンドルネームで所属する北海道の技術コミュニティ CLR/H(http://clr-h.jp) での活動など行っていましたが...

バックナンバー

連載:Workflow Foundation 4が導く新しい開発スタイル
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5