Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows Azure Media Servicesリリースの告知

連載:ScottGu's Blog翻訳

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/01/29 15:15

 本稿は、Scott Guthrie氏のブログを、氏の許可を得て、翻訳、転載したものです。米Microsoft社の副社長で、ASP.NETやSilverlightの開発チームを統率する氏のブログでは、次期製品を含む最新の技術をいち早く紹介しています。

目次

 原典:Announcing Release of Windows Azure Media Services

Windows Azure Media Servicesリリースの告知

 Windows Azure Media Servicesの製品出荷(GA)についてお知らせでき、うれしく思います。

 本リリースは、現在、New Media Services Dev Centerによりサポートされ、エンタープライズサービスレベル保証(SLA)されて、本番環境にあり、すべてのメディアプロジェクトで使用可能になっています。

 今回のリリースで、非常にスケーラブルな、すべてのデバイスに対してオンデマンドビデオをストリーミングできるエンドツーエンドのメディアソリューションが簡単に構築できるようになりました。

 例えば、従業員に教育用ビデオを配信するメディアサービスの構築、Webサイトのビデオコンテンツのストリーム、HuluやNetflixなどのプレミアムビデオオンデマンドサービスの構築などが簡単に行えます。

 昨年は、いくつかのブロードキャスターがWindows Azure Media Servicesを使用して、2012年ロンドンオリンピックをストリームしました。

サービスとしてのメディアプラットフォーム

 Windows Azure Media Servicesでは、HTML5、Flash、Silverlight、Windows 8、iPad、iPhone、Android、Xbox、Windows Phoneなどのクライアントを様々なストリーミングフォーマットを使用してストリームできます。

 様々なデバイスやクライアントに対して、ビデオをエンコード/ストリームするメディアソリューションを構築するのは複雑な作業で、接続され、設定され、保守されたハードウェアとソフトウェアが必要になります。Windows Azure Media Servicesでは、独自のインフラの提供や管理の必要性を省くことにより、このような問題をかなり軽減します。これは、ビジネスの成長に合わせてスケールを簡単に調整したり、使用した分だけ料金を支払ったりすることが可能なサービス(PaaS)としてMedia Platformを提供することで、実現しています。

 開発者は、自動でアップロード、エンコード、配信が可能なメディアワークフローを構築するのに、REST APIや、.NETおよびJavaのSDKを使用して、Windows Azure Media Servicesを制御できます。

 また、アプリケーションに統合し、完全独自のビデオクライアントが構築できるクライアントSDKやプレーヤーフレームワークも幅広く開発してきました。これにより、プレロール、ミッドロール、ポストロール、オーバーレイ広告をコンテンツに挿入するなど、ビデオプレイバックのすべての設定や制御が可能になります。

アップロード、エンコード、配信、利用

 典型的なビデオワークフローでは、生ビデオをストレージにアップロードし、エンコードし、コンテンツにプロテクトをかけて、ストリーミングし、ユーザーはそれをいくつものデバイス上で利用できるという流れになっています。これらの主要なステップそれぞれに対して、数多くの便利な機能を構築しました。

アップロード

 Windows Azure Media Servicesでは、Media Serviceにリソースをアップロードするオプションを複数用意しています。

 大きな資産ファイルをアップロードするのは、リソース作成のボトルネックとなる可能性があり、バルク挿入方法を使用することで、時間の節約になります。バルクアップロードには、Bulk Ingest .NET Library、またはUDPを使用して非常に高速にファイルを移動させるAsperaなどのパートナーソリューションを使用できます。-すでにWindows Azure Blobストレージにコンテンツをお持ちの場合は、Blob同士の移動やストレージ同士の移動もサポートしています。

  • REST APIや.NETおよびJavaのSDKを使用して、AES 256で暗号化しHTTP/S経由でサーバーにファイルをアップロードできます。これは、ファイル数が少ない場合や、毎日コンテンツをアップロードする場合などに向いています。
  • バルクアップロードは、何千もの大きなファイルをかかえるメディアライブラリ全体を扱います。
  • またWindows Azure Portalを通したコンテンツのアップロードも可能です。これは、小さいジョブや初めて開始する場合などに便利です。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト Chica(チカ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Scott Guthrie氏 Blog翻訳

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5