SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Scott Guthrie氏 Blog翻訳

Azure SQL Elastic Database Poolの密度改善と値下げ

連載:ScottGu's Blog翻訳

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本稿は、Scott Guthrie氏のブログを、氏の許可を得て、翻訳、転載したものです。米Microsoft社の副社長で、ASP.NETやSilverlightの開発チームを統率する氏のブログでは、次期製品を含む最新の技術をいち早く紹介しています。

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 原典:Better Density and Lower Prices for Azure’s SQL Elastic Database Pools

はじめに

 数週間前、Azure SQLデータベースサービスで新しいElastic Database Poolの基本層およびプレミアム層プレビュー利用について発表しました。Elastic Database Poolでは、複数の分離独立データベースを実行でき、各専用リソースのプライベートプール全体で自動スケールされます。これは、SaaS開発者が経済的な方法で個々のお客様を分離できる素晴らしい方法です。

 今回、Elastic Database Poolの価格構造だけでなく、プール内のElastic Database密度にもすばらしい変更をいくつか行いました。これらの変更は、アプリケーション構築におけるElastic Database Poolの使用をさらに魅力的にしています。

 具体的には以下の様な変更になります。

eDTU価格を確定

 Elastic Database Poolでは、eDTUという容量単位を購入します。これにより、プール内で複数のデータベースを実行できるようになります。プレビューからGAに以降する際にeDTUの価格を値上げしないことにしました。つまり、eDTUは多くの開発者が予想しているものよりはるかに低価格(約50%以下)になります。

データベース毎の料金をカット

 eDTU価格を下げるだけでなく、プレビューであったデータベース毎の料金もカットします。つまり、Elastic Database Poolを使用するのに、データベース毎の料金を支払う必要がなく、小規模なデータベースを多くを持ちたいシナリオにはより魅力的な価格設定になっています。

プール密度

 Elastic Database Pool毎により多くのデータベースが実行できるように、密度制限を引き上げました。詳細については、“Maximum databases per pool”の下にある表を参照してください。この変更は一般公開時に有効になりますが、これらの数字辺りでアプリを設計できます。増加プール密度制限により、Elastic Database Poolはより魅力的になります。

 以下は、これらの新しい変更が行われた各Elastic Database Poolオプションの更新後パラメータになります。

 Azure SQLデータベースElastic Database Poolおよび管理ツールについての詳細は、技術的概要をここからご確認ください。

 Hope this helps,

 Scott

この記事は参考になりましたか?

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Scott Guthrie氏 Blog翻訳連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

WINGSプロジェクト Chica(チカ)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

Scott Guthrie(Scott Guthrie)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/9001 2015/10/09 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング