Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

MyEclipseでEclipseでの開発がもっと楽しくなる!

セミナーレポート 「Oh! MyEclipse World ~Eclipseでの開発がもっと楽になる~」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/12/07 16:36

12月末に発売開始される、日立のアプリケーションプラットフォーム「Cosminexus(コズミネクサス)」の新版では、Java開発環境として「MyEclipse」が採用された。今回は、同社のセミナーレポートを通してMyEclipseの魅力に迫ってみたい。

目次
 

日立製作所 ソフトウェア事業部
第2ネットワーク設計部
主任技師 水島和憲 氏
11月22日(水)に、東京都港区のホテルオークラ東京 別館において「HITACHI Open Middleware World 2006 Autumn」が開催された。今回は、「内部統制」「運用管理」「システム構築」といった切り口でさまざまな講演が行われた中で、「Oh! MyEclipse World ~Eclipseでの開発がもっと楽になる~」の講演レポートをお送りする。

 講演者は、株式会社日立製作所 ソフトウェア事業部の水島和憲氏。 Eclipse関連書籍を多数執筆している他、Eclipseの情報をWiki形式で提供するWebサイト「エクリプス」を立ち上げ運営している。

セミナー概要

 Java開発現場の統合開発環境としてデファクトスタンダードとなったEclipse。しかし、より快適に効率良く開発するためのプラグイン探しに、手間や時間を費やしてしまったりと、まだまだ開発者の悩みはつきない。

 今回、日立製作所(以下、日立)では、アプリケーションプラットフォーム「Cosminexus(コズミネクサス)」新版の開発環境として、米Genuitec(ジェニュイテック)社の「MyEclipse」がOEM提供されることになった。日本語版のMyEclipseを搭載し、12月末に発売開始される。

 

Cosminexus総合サイト

 

 講演では、MyEclipseを使うことによってJava開発がどう変わるか、についてデモも交えて語られた。

なぜMyEclipseなのか

 講演者の水島氏によると、今回MyEcilpseをCosminexusのJava開発環境として採用した経緯は、次のようなものだという。

 Cosminexusの実行環境は、これまで日立の高い技術力で24h×7日の稼働率を実現している。たとえダウンしたとしても、すぐに原因究明・回復できる機能も数多く組み込まれている。今後もさらに稼働率向上を極めていく。一方、開発環境については、出来るだけ新しい技術を取り入れて、開発効率を向上させる方針にした、とのこと。

そもそもMyEclipseとは何か

 「MyEclipse」は、Eclipseでアプリケーション開発を行う上で便利なプラグインをまとめたオールインワンパッケージの一つ。ドイツのEclipse Magazinという雑誌で、2006年度のNo.1 Eclipseベースの商用ソフトを受賞するなど、北米や欧州を中心に、非常に高い評価を得ている。

 講演では、まず米Genuitec社のプレジデント Maher Masri氏のビデオレターにより、MyEclipseの特長が紹介された。

 MyEclipseのユーザーは全世界で約35万人おり、毎年倍増しつづけているという。また、世界150カ国、1万社以上の企業に採用されているなど、幅広く浸透。適用分野も、金融、政府、流通、製造、航空会社など多岐にわたっている。

 機能に関しては、1,500以上の機能がオールインワンで備わっており、便利なプラグインとして「J2EE開発ツール」「UML設計ツール」「DB開発ツール」などが初めから含まれている。

 Webアプリケーション開発に必要な機能が、ほぼすべて揃っているのが特長的だ。

MyEclipseならWebアプリケーション開発が「悦」になる

 MyEclipseを利用すると、Webアプリケーション開発が「楽」になるだけではなく「悦」になるという。つまり、単に開発効率が上がるだけでなく、人を喜ばすことができるというのだ。

では、誰が喜ぶのか。水島氏によるとそれは、「開発者」と「マネージャ」だという。

マネージャにとっての「悦」

 マネージャにとっての「悦」とは、1,500以上の機能がオールインワンであること。

 通常、Webアプリケーション開発には、「設計」「コーディング」「デバッグ」「データベースの操作」「バージョン管理」「バグ管理」「ビルド」といった工程が必要になるが、Eclipseをインストールしただけでは、これらがJavaプログラミングにしか対応しない。そのため、チーム開発では、これらの開発工程に必要なツールを吟味して整理する必要があり、これは非常に時間と労力を必要とする。

 そこでMyEclipseをインストールすると、これらの機能が全て揃い、チーム全体が統一された開発環境をすばやく構築できる。マネージャおよび開発者が開発環境を整えるのに必要な時間と労力を節約できるため、工数や品質の面での効果が期待される。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:イベントレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5