SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

エンバカデロ、IoTデバイスとの連携やモバイル対応を強化した「RAD Studio XE8」を4月8日に発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンバカデロ・テクノロジーズは、マルチデバイスに対応したネイティブアプリケーション開発環境の最新版「RAD Studio XE8(ラッドスタジオ・エックスイーエイト)」を4月8日に発売する。

 RAD Studioは、単体製品のDelphiやC++Builderを包含したスイート製品で、Windows、Mac OS X、Android、iOSといったプラットフォーム向けのネイティブアプリケーションを単一のコードベースで開発可能にする。また、コンポーネントとして提供される共通機能や、操作画面をGUIで設計する手法によって高い開発生産性を実現する、RAD(Rapid Application Development)ツールとしての側面も持つ。

 今回新機能として、マルチデバイス対応の共通UI設計を可能にする「FireUIマルチデバイスデザイナ」のプレビュー機能を強化し(マルチデバイスプレビュー)、ターゲットデバイスによるUIの差異の確認や、個別のカスタマイズを行いやすくなった。

 また、2015年2月以降に新規登録するiOSアプリに対して義務付けられた64bit対応も新たにサポート。Bluetooth(従来はBLEへの対応のみ)やiBeacon/AltBeaconをサポートするコンポーネントが追加され、IoTデバイスとの通信が容易になった。

 企業システムやデータベースと、クライアントアプリケーションとの仲立ちを行うサーバー機能「EMS(Enterprise Mobility Service)」においては、「プッシュ通知」「ユーザーアカウントを管理するクライアントアプリ」「DBコネクションプーリング」のサポートが追加された。

 「AppAnalytics」という機能も搭載され、コンポーネントを配置するだけで、デスクトップ/モバイル/サーバーアプリケーションの利用状況を分析できるようになった。

 利用できる機能の範囲に応じて、Professional、Enterprise、Ultimate、Architectというバージョンがあり、価格は「RAD Studio XE8 Professional」が税別240,000円から。2015年6月28日までの「XE8発売記念キャンペーン」や、XE3以降のユーザーを対象としたバージョンアップ版などの特別価格版も提供されている。

 RAD Studio XE8で開発したアプリケーションがサポートするOSは、Windows 7~8.1、Windows Server 2008~2012、OS X 10.9~10.10、iOS 7~iOS 8、Android 4.0.3~5.x。製品や機能の詳細については、製品ページを参照のこと。

「RAD Studio XE8」の製品イメージ
「RAD Studio XE8」の製品イメージ

 
【関連リンク】
RAD Studio XE8
Delphi XE8
C++Builder XE8
・『FireUIを使ってiPad/AndroidタブレットアプリとiPhone/AndroidフォンアプリのUIを並行開発してみる』(CodeZine)

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

斉木 崇(編集部)(サイキ タカシ)

メディア編集部 メディア1(CodeZine/EdTechZine/ProductZine)編集統括 兼 EdTechZine/ProductZine編集長。1978年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科(建築学専門分野)を卒業後、IT入門書系の出版社を経て、2005年に翔泳社へ入社。ソフトウェア開...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/8623 2015/04/08 08:43

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング