Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オープンソースのコンテナ管理ツール「Docker 1.6」リリース、RegistryやComposeなどもアップデート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/17 14:10

 米Dockerは、オープンソースのコンテナ管理ツールの最新版「Docker 1.6」を、4月16日(現地時間)にリリースした。

 「Docker 1.6」では、Docker Engineだけでなく、RegistryやCompose、Swarm、Machineもアップデートしている。

 「Docker Engine 1.6」は、コンテナやイメージにユーザー定義のメタデータを付与できる、ラベル機能を新たに搭載した。また、ユーザーからの要望が多かったWindows版のクライアントをサポートしている。

 このほか、ログインドライバのAPIへのオプション追加や、コンテンツにアドレスを付けられるdigest識別子の導入、各プロセスに割り振るリソースを制限可能なulimitツールの採用、イメージを再構築せずにオンザフライで変更できるcomit/import機能の追加など、さまざまな機能向上および追加が行われた。

 「Registry 2.0」は、イメージをプルする際のパフォーマンスと信頼性を向上しており、あわせてセルフホスト版もリリースしている。

 Composeは、Dockerで複合アプリケーションを定義・実行を行うツールで、最新版の「Compose 1.2」では、複数のComposeファイルによる異なる環境の定義など、多数の新機能を搭載する。

 Swarmは、複数のDockerのホストを単一の仮想ホストに集める、Dockerネイティブのクラスタリング機能。最新版の「Swarm 0.2」では、クラスタ上でスケジューリングを行うストラテジや、イメージのプルや識別といったDocker APIの完全なサポート、追加可能なクラスタドライバへの対応など、さまざまな機能を追加した。

 Machineは、PCやクラウド、データセンター上に、Dockerホストを容易に作成できるツールで、最新版の「Machine 0.2」ではよりわかりやすいインターフェースを導入するとともに、プロビジョニングサーバによる集約的な制御、TLS認証の再実装などの新機能を備えている。


【関連リンク】
Docker(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5