CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

米MS、Windows 10に向けた開発環境、互換性、コード流用性について解説

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/06/23 14:25

 米Microsoftは、アプリ開発者向け公式ブログ「Building Apps for Windows」の6月22日(現地時間)付記事において、7月29日に予定しているWindows 10のリリースに向けた、アプリの開発環境や互換性、プラットフォーム間でのコードの流用に関する現状を紹介している。

 現在、MicrosoftではWindows 10のリリースに合わせた、ユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)とWindowsストアに対応するVisual Studio 2015向けWindows 10 SDKの提供を目指しており、近日中にWindows Insider向けにSDKのプレビュー版を公開する。なお、プレビュー版にはWindows 10モバイルエミュレータも付属している。

 最新版のSDKとエミュレータは、古いバージョンのSDKおよびエミュレータとの共存が可能なので、OSのバージョンの機能やAPIに合わせたアプリを開発できる。

 一方、互換性についても重視しており、Windows 10はWindows 8.1およびWindows Phone 8.1向けに開発したアプリを利用可能で、VB6ランタイムにも引き続き対応するようデザインされている。Microsoftでは、既存のアプリがWindows 10で正常に動作するかの報告を求めるほか、Windows 10への移行に関するさまざまな情報を提供していく。

 このほか、他のプラットフォーム向けのコードをWindowsで利用できるようにするプロジェクト「Universal Windows Platform Bridges」として、Androidのコードが対象の「Project Astoria」、.NETやWin32といった過去のWindowsプラットフォーム向けコードが対象の「Project Centennial」、iOS向けのコードをUWPで利用可能にする「Project Islandwood」、開発者が自身のWebサイトをWindowsストアに移行できる「Project Westminster」を夏以降に提供する。


【関連リンク】
日本マイクロソフト
「Building Apps for Windows」(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5