CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「The Linux Foundation」誕生、世界の主要ベンダ70社以上が参加

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/01/23 12:42

OSDLとFSGが合併し、新「The Linux Foundation」が誕生した。世界のリーディングベンダ70社以上が参加している。

 Linuxの発展に取り組む主要なコンソーシアムであるOpen Source Development Labs(OSDL)とFree Standards Group(FSG)は22日、両者の組織を統合し、新たに「The Linux Foundation」を設立すると発表した。富士通、日立、HP、IBM、Intel、NEC、Novell、Oracleといった企業が創設プラチナメンバとなっている。

 「The Linux Foundation」は、オープンソースソフトウェア特有のオープン性、選択の自由、そして技術的な優位性を保ちながら、オープンソースとプロプライエタリなプラットフォームとの違いをなくすために設立された。「The Linux Foundation」は、Linuxを開発する訳ではなく、Linuxの成長を促進するために、開発者の支援や、法的サービスの提供などが主な活動となる。また、Linuxの標準化や、協働とプロモーションのための中立的な話し合いの場を提供していくという。

The Linux Foundation
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5