CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Visual Studio」に関する記事

125件中81~100件を表示
  • A.jpg
    2009/01/19

    .NET開発者向け新関数型言語 「F#」入門

     F#は.NET開発者向けの新しい関数型プログラミング言語です。また、オブジェクト指向プログラミングもサポートしており、最新の.NET Frameworkのあらゆる要素をサポートできます。Visual Studioの次期バージョン(バージョン2010)でもサポートされる予定です。本稿では、重要性が増していくであろう、そのF#言語の概要を分かりやすく説明します。

  • t.gif
    2009/01/15

    Visual Studio Team Systemで システムモデリング

     Visual Studio Team System 2008には、以前の製品(Visual Studio 2005 Team System)同様に分散デザインを行うための機能を有したArchitecture Editionという製品がリリースされています。若干、使いどころが分かりにくい製品ではありますが、この製品に用意されている分散デザイナ機能を確認することでどういった用途が考えられるのかを見ていきたいと思います。今回は分散デザイナ機能のうち、システムデザイナについて使い方と使いどころを確認し...

  • t.gif
    2008/12/26

    Silverlightアプリでアニメーションを効率よく使うテクニック

     プログラマや業務システムの担当者にアニメーションの話をすると、うちのシステムには必要ないといった感じの答えが返ってきます。確かに業務アプリケーションとアニメーションは無縁のように感じますが、待ってください、これは本当でしょうか? 今回は、Silverlight 2を使って、業務アプリケーションでアニメーションを効率よく使うためにはどうしたらよいのかを考えていこうと思います。

  • t.gif
    2008/12/26

    Silverlight 2で大きく変わったコントロール

     本連載は、業務アプリケーションにおいてSilverlight 2をどのように活用できるかという観点で進めています。Silverlight 2は開発者から見ると.NET Frameworkのサブセット的な位置づけにあり、.NET環境でよく使われる数々のコントロールがサポートされています。今回はサンプルを通していくつかの代表的なコントロールを取り上げ、その使い方を解説します。

  • A.gif
    2008/12/11

    カスタマイズ可能なアラートウィンドウ

     本稿では、Visual Studio 2003やVisual Studio 2005で実装可能な、さまざまなスタイルの通知ウィンドウを作成するためのミニフレームワークをご紹介します。

  • t.gif
    2008/11/26

    Silverlight 2の業務アプリケーションへの活用 Silverlight 2の紹介

     「Silverlight 2」はプラグインを介すことにより、Webブラウザ上で.NET技術を利用した高度なアプリケーションを作成可能にする技術です。今後、Silverlight 2による業務アプリケーションの実装も視野に入ってくることでしょう。今回はSilverlight 2を業務で活用するメリットに着目して、その特徴を紹介します。

  • t.gif
    2008/11/25

    Visual Studio Team Systemで アプリケーションモデリング

     Visual Studio Team SystemのメジャーバージョンアップとなるVisual Studio Team System 2008では、以前の製品同様に分散デザインを行うための機能を有したArchitecture Editionという製品がリリースされています。比較的使いどころが分かりにくい製品ではありますが、この製品に用意されている機能を一つ一つ確認することで、どういった用途が考えられるのかを見ていきたいと思います。

  • 2008/10/30

    Visual Studioと.NET開発者のためのSubversion/TortoiseSVN入門

     この記事では、フリーのソース管理ツール「Subversion」と「TortoiseSVN」をVisual Studioプロジェクトで利用する方法について説明します。Subversionのインストールと設定から、TortoiseSVNでローカルのVisual Studioプロジェクトを扱うための基本的な操作までを示します。

  • t.gif
    2008/10/29

    Team Foundation Serverのレポート機能で 自由自在にデータを引き出す

     Visual Studio 2005 Team Systemのエディションのうちサーバー製品であるTeam Foundation Server(以下、TFS)の機能については既に紹介しましたが、実際どうやって使おうかと悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、TFSによるレポーティングの具体的な使用方法について紹介します。

  • t.gif
    2008/10/09

    Team Foundation Serverで進捗管理

     Visual Studio 2005 Team Systemのエディションのうちサーバー製品であるTeam Foundation Serverのワークアイテムトラッキング(作業項目管理)機能が具体的にどのような内容によって構成されているか、それらをどのように利用していけばいいか、簡単な例題をもとに紹介します。

  • t.gif
    2008/08/29

    Team Foundation Serverのチームビルド機能

    Visual Studio 2005 Team Systemのエディションのうちサーバー製品であるTeam Foundation Serverのチームビルドの具体的な利用方法について解説します。

  • t.gif
    2008/06/27

    Team Foundation Serverでソースコード管理を効率化

    Visual Studio 2005 Team Systemのエディションのうちサーバー製品であるTeam Foundation Serverについて、ソースコード管理の具体的な利用方法を解説します。

  • t.gif
    2008/06/10

    チーム開発はこれで決まり! Visual Studio Team System 2008

    Visual Studio 2008と同時にVisual Studio Team System 2008がリリースされました。2代目のVSTSとなる2008では、さまざまな機能の追加や既存機能の強化が行われています。本稿では、全体的な変更点もカバーしながら、特に開発者向け、テスト担当者向け、チーム開発環境向けに追加された新機能について紹介します。

  • t.gif
    2008/05/30

    VSTDのパフォーマンスプロファイラで、アプリケーションのボトルネックを検出しよう

    Visual Studio 2005 Team Systemのエディションのうち、Visual Studio 2005 Team Edition for Software Developers(VSTD)に用意されているパフォーマンスプロファイラ機能について解説します。パフォーマンスプロファイラを利用して、アプリケーションのボトルネックの検出を行うところまでの一連の手順を理解することを目標としています。

  • t.gif
    2008/05/28

    VSTOでExcel 2007のカスタムリボンを作成する ~ その2 ~

    Visual Studio 2008 Professional Edition以上に含まれる「Microsoft Visual Studio Tools for the Microsoft Office System(VSTO)」を使用し、カスタムリボンを作成する方法について学びます。

  • 2481_t.gif
    2008/05/26

    Visual Studio Tools for Officeで作るOfficeアプリケーション

    Visual Studio 2008に付属のVisual Studio Tools for the Microsoft Office Systemを利用して、どのようなOfficeカスタムアプリケーションを作成することができるかご紹介します。また、Office 2007注目のUIであるリボンの開発など、最新バージョンで追加された様々な新機能などを取り上げ、Officeカスタムアプリケーション開発によってどんなことができるかをご紹介します。

  • s.gif
    2008/05/09

    Visual Studio 2008で標準搭載されたWindows Workflow Foundation

    Visual Studio 2008では、ついに.NET Framework 3.5がサポートされ、WPF/WCF/WFについても、統合開発環境を活かしたサポートが行われるようになりました。今回は、ワークフロー フレームワークであるWF(Windows Workflow Foundation)を紹介します。.NET Framework 3.5から、WFとWCFの統合が図られ、ワークフローをWCFの通信モデルを使って提供することが容易になりました。

  • s.gif
    2008/04/25

    Visual Studio 2008で標準搭載されたWindows Communication Foundation

    前回に続き、.NET Framework 3.0から導入されたコンポーネントとVisual Studio 2008でのサポートについて解説していきます。今回扱うのは通信フレームワークであるWCF(Windows Communication Foundation)です。.NET Framework 3.5でさまざまな新機能が追加され、より実用的なサービスの提供が可能となりました。

  • s.gif
    2008/04/18

    Team Foundation Server超簡単インストール

    Visual Studio 2005 Team Systemのエディションのうちサーバー製品であるTeam Foundation Serverのインストール方法について解説します。なお最低限の機能を使用でき、なおかつ簡単にインストールするためにワークグループを使ってシングルサーバー構成でインストールを行い、Team Foundation アラートの機能はインストールしない方法で紹介します。

  • 2354_t.gif
    2008/04/10

    触れてみようUIデザインツールExpression Blend

    Visual Studio 2008では、インストール直後からWPFアプリケーションの開発が行えます。しかし、Visual Studio 2008でのWPFのUIは実質的にはコントロールの配置ぐらいにしか活用できません。本稿ではWPFのアプリケーションを高度にデザインするツール「Expression Blend」について紹介します。

125件中81~100件を表示
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5