Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • Derek Lane(Derek Lane)

    Countrywide Financial Corp. のエンタープライズアーキテクト。メンター、コーチ、アーキテクト、マネージャ、開発者、トレーナー、開発方法論者、オープンソース信者など、さまざまな肩書を持つ。著者、プレゼンター、技術校閲者としてさまざまなプロジェクトに携わり、まもなく共著『EJB3 In Action』(Manning刊)が出版予定である。
    また、Oklahoma City Java User Group(OKCJUG)およびDallas/Fort Worth, Texas MicroJava User Groupの創始者であり、米国中西部および南部のさまざまなテクノロジユーザーグループで10年以上に渡り会員、プレゼンター、およびメンターとして活躍している。

執筆記事

  • 979_t.gif
    2007/02/21

    7つのアジャイル開発手法の実践ガイド(第2回)

    アジャイル開発手法を採用すべきだということはわかっていても、いろいろある開発手法をすべて検討しようとすれば、調査だけでかなりの時間がかかってしまいます。組織にとってどの方法論が適しているかを知るにはどうしたらよいでしょうか。この2回シリーズでは、7つの人気の高い開発手法の表と裏をすべて紹介し、組織に最適な開発手法を選ぶためのヒントを示します。第2回では、AUP、クリスタル、DSDMについて説明します。

  • 848_t.gif
    2007/01/15

    7つのアジャイル開発手法の実践ガイド(第1回)

    アジャイル開発手法が正しいことだとわかってはいるものの、いろいろある開発手法すべてを分析しようとすれば調査だけでかなりの時間がかかってしまいます。この2回シリーズでは、7つの人気の高い開発手法を紹介します。第1回は、エクストリームプログラミング(XP)、スクラム、リーンソフトウェア開発および機能駆動型開発(FDD)について説明します。

2件中1~2件を表示
戻る


All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5