Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「CEDEC 2017」の基調講演に『ソードアート・オンライン』作者・川原氏などが登壇

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/21 12:15

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が8月30日~9月1日にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催する、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2017(CEDEC 2017)」の、基調講演の講演者および講演テーマが決定した。

 8月30日の基調講演には、オンライン小説からスタートし、後に単行本やアニメ作品が大ヒットした『ソードアート・オンライン』の作者である川原礫氏が登壇。同作に登場するゲームを製品化しているバンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏、二見鷹介氏とともに、オンライン小説からゲーム、テレビアニメ、映画などへのメディアミックス展開、VR、AIなど、最新技術が新たなMMORPGの世界観を実現する可能性などを紹介する。

 9月1日の基調講演では、「GO OUTSIDE! Adventures on foot」と題して、「Pokémon GO」プロジェクトの立ち上げと開発に携わった、米Nianticの川島優志氏、野村達雄氏が登壇し、「自分の足で歩いて冒険する」というミッションの新規性や、世界中で受け入れられた理由などを「Ingress」や「Pokémon GO」の事例、データ、歴史や舞台裏とともに、Nianticの考えるARについて紹介していく。さらに、海外を活動の舞台とした、自身の働き方も語られる。

 なお、7月20日時点でのセッション数は、一般公募によるレギュラーセッション、招待セッションなどを合わせて約180セッション。最終的に、スポンサーセッションなどを合わせて、2016年同様200セッション超になると見込まれる。


【関連リンク】
コンピュータエンターテインメント協会
「CEDEC 2017」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5