Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

エンバカデロ、マルチOSおよびWebアプリケーション開発の技術イノベーションを実感できるイベント「Sencha RAD Mix Tokyo」を12月13日に開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/11/22 17:04

 エンバカデロ・テクノロジーズは、Webアプリケーション開発プラットフォーム「Sencha」のグループ会社化にともない、マルチOSおよびWebアプリケーション開発の技術イノベーションを実感できるイベント「Sencha RAD Mix Tokyo」を、12月13日にUDX GALLERY NEXT(東京・秋葉原)で開催する。参加費は無料で、事前登録が必要。

 オープニングキーノートでは、「開発者にコミットするエンバカデロのツール戦略 ―新たにSenchaを製品ファミリーに迎えて」と題して、Gurock/Embarcadero/IderaのジェネラルマネージャであるWilson Warmack氏が、エンタープライズ向けアプリケーション開発ツールを展開してきたエンバカデロと、HTML5+JavaScriptによって高性能なWebアプリケーションを迅速に構築できるSenchaテクノロジーの融合がもたらす、次世代ソフトウェア開発を紹介する。

 プロダクトオーバービュー「つながるシステム構築を可能にするDelphi/C++Builder/Sencha」では、エンバカデロ・テクノロジーズ日本法人代表の藤井等氏が、多様なシステムと連携する企業システムにおいて、SenchaがどのようにWebアプリケーションを構築するのかについての解説を行う。

 そのほか、午後のプログラムでは、Sencha、RAD Studio(Delphi/C++Builder)ユーザー向けとして、テクニカルセッションやユーザーによるアプリケーション構築事例の紹介などを用意している。

 開催日時は12月13日10時~17時30分(9時30分受付開始)。


【関連リンク】
エンバカデロ・テクノロジーズ
「Sencha RAD Mix Tokyo」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5