Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

米Oracle、Oracle Cloud Platformに3つの新サービスを追加

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/21 15:14

 米Oracleは、「Oracle Cloud Platform」の新サービスとして、「Oracle Mobile Cloud Enterprise」「Oracle Data Integration Platform Cloud」「Oracle API Platform Cloud」の提供を、6月13日(現地時間)に発表した。

 「Oracle Mobile Cloud Enterprise」は、あらゆるバックエンドシステムをセキュアかつスケーラブルな方法で接続、拡張するモバイルアプリやAIベースのチャットボットを開発・提供・分析・管理するための、包括的かつオープンなエンタープライズプラットフォーム。

 自己学習型チャットボットが対話や好みを観察し、頻繁に実行されるアクションを自動化するとともに、会話の自動学習によって、訓練されたAIアルゴリズムを通じたオンラインチャットなどオペレーター(人間)対応へのシームレスなハンドオフを含む、スマートボットの機械学習の精度を高く維持する。また、Q and A型チャットボットを用いた自動生成機能によって、機械学習を活用し、非構造化データから多用な知識を抽出できる。

 「Oracle Data Integration Platform Cloud」は、機械学習とAIの組み合わせによって、あらゆる場所からデータのストリーム処理、移行、変換、エンリッチメント、ガバナンスを可能にする機能を提供し、すべてのデータへのアクセスを実現するとともに、データから迅速に価値を引き出すことで、よりすばやく、より適切な判断が下せるようになる。

 自己定義タスクによってデータのストリーム処理またはバッチ処理が提供され、ビッグデータレイクとデータウェアハウスの作成を自動化できる。また、「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」へのデータパイプラインを提供するとともに、SaaS、オンプレミスおよびハイブリッドビジネスアプリケーション間でのシステム誘導によるデータ共有を通じて、信頼性に優れた制御されたクラウドベースのアナリティクスを実現する。

 「Oracle API Platform Cloud」は、「Oracle Cloud」だけでなく、オンプレミスおよび他社クラウド環境にまたがったAPIゲートウェイのハイブリッド展開を可能にし、APIファーストのアジャイルな設計および開発の支援を行う。使用率パターンについて継続的に学習し、計画、割り当て制限、構成を推奨するほか、予測アルゴリズムを使ってポリシーおよびポリシー構成をAPI管理者に推奨する。

 なお、すべての「Oracle Cloud」サービスには、ソフトウェアの開発および配信サイクルを自動化し、チームによるアジャイル開発プロセスの管理を支援する包括的な開発プラットフォーム「Oracle Developer Cloud」が含まれている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5