Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

米MS、クラウド開発ツール「Azure DevOps」の提供を開始、「Visual Studio Team Services」の後継サービス

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/11 14:26

 米Microsoftは、クラウド開発ツール「Azure DevOps」の提供を、9月10日(現地時間)に開始した。

 「Azure DevOps」は、GitHubまたは任意のGitリポジトリに接続可能な「Azure Pipelines」、「かんばん」ボードやバックログ、チームダッシュボード、カスタムレポート機能などを備えた「Azure Boards」、Mavenやnpm、NuGetパッケージの作成・共有に対応する「Azure Artifacts」、容量無制限のプライベートGitリポジトリである「Azure Repos」、探索的テストツール「Azure Test Plans」で構成されている。

 なお、今回提供が開始された「Azure DevOps」は、「Visual Studio Team Services」のアップデート版に該当し、既存の「Visual Studio Team Services」は「Azure DevOps」へ置き換えられる。「Visual Studio Team Services」から「Azure DevOps」への移行による機能面でのダウングレードはなく、「Visual Studio Team Services」の特徴であったエンド・トゥー・エンドのトレーサビリティやインテグレーションも引き続き利用できる。

 また、オンプレミス版である「Team Foundation Server(TFS)」は、次期バージョンより名称が「Azure DevOps Server」に変更され、機能面でも「Azure DevOps」に準拠したものとなる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5