Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

テクマトリックス、C/C++対応テストツール「C++test 10.4.1」を発売、静的解析の機能を大幅に強化

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/14 13:55

 テクマトリックスは、米Parasoftが開発したC/C++対応テストツール「C++test 10.4.1」を、3月14日に発売した。

 「C++test」は、静的解析(コーディング規約チェック/フロー解析)、単体テスト、カバレッジ計測、実行時メモリエラー機能などを搭載した、C/C++対応オールインワンテストツール。

 今回発売した「C++test 10.4.1」では、C言語向けセキュアコーディングのガイドラインであるCERT CコーディングスタンダードのRuleに完全対応するとともに、CERT C++コーディングスタンダードやAUTOSAR C++14コーディングガイドラインのルールが追加されるなど静的解析機能が大幅に強化されており、前バージョンで追加されたMISRA C:2012とあわせて、安全なソフトウェア開発を強力に支援する。

C++test 10.4.1
「C++test 10.4.1」の画面イメージ

 さらに、動的解析ではスタブ機能のフレームワークを一新し、スタブの管理、スタブの振る舞いの設定を簡略化し、テストケース作成作業をより効率化できるようになった。また、HTMLレポート出力機能では、単体テストに使用したツールチェーンの情報や、テストケースごとの事前条件/事後条件といった、テスト実行に関する追加情報の出力が可能になっている。

 同時リリースの「Parasoft DTP 5.4.1」は、前バージョンで追加されたMISRAコンプライアンスパックに加えて、CERT C/C++コーディングスタンダード、AUTOSAR C++14の遵守状況を確認できるコンプライアンスパックが追加されており、プロジェクト全体のステータスのリアルタイム表示に対応した。

 ほかにも、コンプライアンスレポートのPDF出力が可能になり、MISRA Compliance:2016の準拠に関する文書を簡単に作れるようになっている。

 なお、2019年3月14日の時点で年間保守サービスを契約している「C++test」および「Parasoft DTP」のユーザーには、それぞれのバージョンアップ製品が無償提供される。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5