Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

MaaSをテーマにしたエンジニア向けカンファレンス「MOBILITY:dev 2019」が10月31日に開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/09 14:55

 MOBILITY:dev 実行委員会は、MaaSに関心のあるエンジニアを対象にしたテックカンファレンス「MOBILITY:dev 2019」を、10月31日に渋谷ヒカリエ ホールBで開催する。

「MOBILITY:dev 2019」
「MOBILITY:dev 2019」

 今回初開催となる「MOBILITY:dev 2019」は、移動や交通に関わるテクノロジーに興味のあるエンジニア向けの技術カンファレンス。

 さまざまな業界で活躍するピーカーたちが、自動運転技術やIoT、AIなどの最新テクノロジーを組み合わせたモビリティサービスに求められるテクノロジーの「今と未来」をテーマに、多彩な講演を行う予定。

 本カンファレンスのキーノートセッションでは、「ITエンジニアこそ実現できるモビリティのサービス化」と題して、東京大学 生産技術研究所特任講師の伊藤昌毅氏が登壇する。

 開催日時は10月31日の13時から20時(受付開始12時30分)。参加はconnpassの応募ページより受け付けている。参加費は無料(先着300名まで)。なお、18時からイベント終了の20時までスピーカー、参加者同士が交流できる懇親会も開催される。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5